[スポンサーリンク]

分析化学

新課程視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録

 

概要

一言でいえば高校化学の資料集で、教科書には載っていない物質や実験の写真が凝縮された本です。また、分子軌道など教科書の内容を超える発展的な内容や福島の原発事故といったホットな話題も分かりやすく解説されています。今回、新しい学習内容に合わせられたのと同時に最新のトピックがふんだんに盛り込まれて改訂されました。

対象

高校生にはもちろんのこと、一般の方や研究者の方にも化学と生活がどう結びついているのかを知る本としてお勧めします。

解説

私が高校生の頃にもこの手の資料集はありましたが、今年の2月に発売された最新の本ということで購入しました。読んでみると、当時の参考書よりも格段にボリュームが増加しています。例えば、私が習った時には、炭素の同素体はグラファイトとダイヤモンドだけでしたが、この本ではグラファイト、ダイヤモンド、フラーレンカーボンナノチューブと最近の研究成果までちゃんと書かれています。また、分子軌道など高校の内容を超える内容についても書いてあり、退屈な授業を飽きさせない配慮があります。そして最後の数ページには、福島の原発の事故や環境問題、次世代エネルギーなどのことについて本間善夫先生と漆原次郎氏から書かれていています。これらのことは、メディアでさんざん報道されてきましたが、科学的に間違っていることもありました。そうした中でこれらの問題をどう立ち向かうかを考えさせる内容になっています。「ただの高校の資料集だろ」と思わずに、今化学を勉強している学生さんだけでなく化学に興味がない方にも、一流の化学者の方にもじっくり”見て”いただきたい本です。

関連書籍

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 有機スペクトル解析ワークブック
  2. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで
  3. 人名反応に学ぶ有機合成戦略
  4. Dead Ends And Detours: Direct Wa…
  5. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  6. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  7. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  8. 2016年9月の注目化学書籍

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  2. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis
  3. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  4. スチュアート・ライス Stuart A. Rice
  5. 2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版
  6. 世界の化学企業いくつ知っていますか?
  7. 「架橋ナノゲル」を応用したがんワクチンDDS
  8. 室温で液状のフラーレン
  9. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”
  10. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP