[スポンサーリンク]


タキソール

  1. 千田憲孝 Noritaka Chida

    千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。専門は天然物全合成およびその方法論開発。経歴1979 慶應義塾大学 工学部 応用化学科 卒業1981 慶應義塾大学 工学研究科 …

  2. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成

    2つのラジカル反応を鍵反応として6/8/6員炭素骨格を効率的に構築し、1-ヒドロキシタキシニンの不斉…

  3. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

    第17回目の海外研究記は、第3回の曽 明爍さんからのご推薦で、スクリプス研究所・大学院生の苅田譲さん…

  4. ポール・ウェンダー Paul A. Wender

    ポール・A・ウェンダー(Paul A. Wender、1947年xx月xx日-)は、アメリカの有機化…

  5. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishefsky

    サミュエル・J・ダニシェフスキー(Samuel J. Danishefsky、1936年3月10日(…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. メソポーラスシリカ(1)
  2. 投票!2013年ノーベル化学賞は誰の手に??
  3. ピラーアレーン
  4. ケムステVシンポ、CSJカレントレビューとコラボします
  5. 酸化グラフェンの光による酸素除去メカニズムを解明 ―答えに辿り着くまでの6年間―
  6. ギンコライド ginkgolide
  7. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成

注目情報

最新記事

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

PAGE TOP