[スポンサーリンク]


フェロセン

  1. がんをスナイプするフェロセン誘導体

    がん細胞中で活性化されミトコンドリアへ集積するフェロセン誘導体が開発された。がん細胞選択的な医薬品開発やイメージングへ応用可能である。がん細胞選択的に作用する抗がん剤がんの治療技術はここ10年間で急速に進歩しているものの、化学療法に…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アメリカ化学留学 ”実践編 ー英会話の勉強ー”!
  2. 2010年日本化学会年会を楽しむ10の方法
  3. 第三回 北原武教授ー化学と生物の融合、ものつくり
  4. 「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ
  5. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis
  6. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  7. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ

注目情報

最新記事

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

PAGE TOP