[スポンサーリンク]

D

ダルツェンス縮合反応 Darzens Condensation

 

概要

α,β-エポキシエステル(グリシド酸エステル)の合成法として有用。α-ハロエステルの変わりに、α-ハロニトリルやα-ハロスルホンなどを求核剤として用いても同様の反応が進行する。また、ジアゾ酢酸エステルやα-スルホニウムエステルなども使用可能。

基本文献

  • Erlenmeyer, E. Liebigs Ann. Chem. 1892271, 137.
  • Darzens, G. Compt. Rend. 1904, 139, 1214.
  • Newman, M. S.; Magerlein, B. J. Org. React. 19495, 413.
  • Tung, C. C.; Speziale, A. J.; Frazier, H. W. J. Org. Chem. 1963, 28, 1514. doi:10.1021/jo01041a018
  • Arsenjyadis, S. et al. Org. React. 198431, 1.
  • Ballester, M. Chem. Rev. 1955, 55, 283. DOI: 10.1021/cr50002a002

 

開発の歴史

ロシアの化学者George Auguste Darzens(1867-1954)によって開発された。

220px-Georges_Auguste_Darzens

反応機構

アルドール反応類似の反応機構で進行する。
darzen02.gif

反応例

生成物を加水分解して得られるグリシド酸は熱的に不安定で、加熱すると脱炭酸を伴って一炭素増炭したカルボニル化合物を与える。
on-eth1.gif
イブプロフェンの合成
darzens_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hil…
  2. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Sy…
  3. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction
  4. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  5. 原子移動ラジカル重合 Atom Transfer Radical…
  6. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (…
  7. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  8. マーデルング インドール合成 Madelung Indole S…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  2. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrangement
  3. 招福豆ムクナの不思議(6)植物が身を護る化学物資
  4. Bayer Material Scienceの分離独立が語るもの
  5. 化学企業のグローバル・トップ50
  6. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe
  7. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!
  8. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxidation
  9. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement
  10. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP