[スポンサーリンク]

D

ダルツェンス縮合反応 Darzens Condensation

 

概要

α,β-エポキシエステル(グリシド酸エステル)の合成法として有用。α-ハロエステルの変わりに、α-ハロニトリルやα-ハロスルホンなどを求核剤として用いても同様の反応が進行する。また、ジアゾ酢酸エステルやα-スルホニウムエステルなども使用可能。

基本文献

  • Erlenmeyer, E. Liebigs Ann. Chem. 1892271, 137.
  • Darzens, G. Compt. Rend. 1904, 139, 1214.
  • Newman, M. S.; Magerlein, B. J. Org. React. 19495, 413.
  • Tung, C. C.; Speziale, A. J.; Frazier, H. W. J. Org. Chem. 1963, 28, 1514. doi:10.1021/jo01041a018
  • Arsenjyadis, S. et al. Org. React. 198431, 1.
  • Ballester, M. Chem. Rev. 1955, 55, 283. DOI: 10.1021/cr50002a002

 

開発の歴史

ロシアの化学者George Auguste Darzens(1867-1954)によって開発された。

220px-Georges_Auguste_Darzens

反応機構

アルドール反応類似の反応機構で進行する。
darzen02.gif

反応例

生成物を加水分解して得られるグリシド酸は熱的に不安定で、加熱すると脱炭酸を伴って一炭素増炭したカルボニル化合物を与える。
on-eth1.gif
イブプロフェンの合成
darzens_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Cat…
  2. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovs…
  3. フリース転位 Fries Rearrangment
  4. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  5. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe …
  6. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent
  7. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride E…
  8. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsu…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2013年就活体験記(2)
  2. Anti-Markovnikov Hydration~一級アルコールへの道~
  3. 【速報】2010年ノーベル物理学賞に英の大学教授2人
  4. Nature Chemistry誌のインパクトファクターが公開!
  5. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  6. ケイ素半導体加工に使えるイガイな接着剤
  7. ベーシック反応工学
  8. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション
  9. トリメチレンメタン付加環化 Trimethylenemethane(TMM) Cycloaddition
  10. 日本ビュッヒ「Cartridger」:カラムを均一・高効率で作成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP