[スポンサーリンク]


不均一触媒

  1. 触媒表面の化学反応をナノレベルでマッピング

    ミュンヘン工科大学のBandarenka教授らは、走査型トンネル顕微鏡を用いて、固体触媒表面の活性部位を直接検知することに成功しました。“Direct instrumental identification of catalytical…

  2. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

    9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  2. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz
  3. ベンゼン環が壊れた?!ー小分子を活性化するー
  4. ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!
  5. 炭素を1つスズに置き換えてみたらどうなる?
  6. E. J. Corey からの手紙
  7. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP