[スポンサーリンク]

archives

【第48回有機金属化学セミナー】講習会:ものづくりに使える触媒反応

[スポンサーリンク]

詳細・お申し込みはこちら

■セミナー趣旨

有機金属化学セミナーは,産学界の潮流に合わせてその内容を変えながら,有機金属化学に関する幅広い情報を提供してきました。実用的な反応を中心に,有機金属触媒反応の基礎から有機合成への応用,機能性有機材料への展開まで,実際に役立つ厳選された内容です。有機金属化学を必要とする全ての方々にお勧めできる,有機金属化学を系統立てて学ぶ絶好の機会です。奮ってご参加下さい。

 

■開催概要

リアルタイム配信: 2022年6月15日(水) 9:10~17:20

オンデマンド配信: 開催終了後,期間を限定し,動画配信を行う予定です。
開催方法: オンライン(Zoomウェビナー)

主催:近畿化学協会有機金属部会
協賛 近畿化学協会触媒学会日本化学会近畿支部・有機合成化学協会関西支部

対象: 有機金属化学を系統立てて学びたいと考える大学院生,企業研究者

参加申し込み期限:5月19日(木)
定員:300名

【注意事項・禁止事項】

  1. 本セミナーはZoomを用いたオンラインセミナーです。リアルタイム配信終了後,2週間程度,動画配信を行う予定です。
  2. 視聴用のURL等をメールにてご連絡いたします。
  3. 本セミナーはお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。プロジェクター等による複数人での視聴はご遠慮ください。
  4. テキストは郵送いたします。お申し込みいただいた方の使用に限り,再配布等は固く禁じます。
  5. リアルタイム配信については,可能な範囲で質疑応答の時間を設けます。
  6. パソコン・タブレット等、聴講(受信)に必要な機材や設備は各自でご準備ください。
  7. 講師他にやむを得ぬ事情がおきた場合プログラムに一部変更があるかも知れません。予めご了承下さい。
  8. 申込締切日までにキャンセルのご連絡がない場合,参加費はお返し致しません。
  9. 本セミナーで使用される資料や配信動画は著作物であり,録音・録画・複写・転載等は固く禁じます。

【プログラム】

セミナーの各講演の概要はこちらでご確認ください。

6月15日(水) 9時10分~17時20分

  • 遷移金属錯体触媒反応を理解するための基礎知識 (9:15-10:25)
    大阪府立大学大学院理学系研究科 大橋 理人 氏
  • クロスカップリング反応 (10:30-11:30)
    京都大学大学院工学研究科 藤原 哲晶 氏
  • C-H官能基化 (12:50-13:50)
    大阪市立大学大学院理学研究科 西村 貴洋 氏
  • オレフィンメタセシス反応 (14:00-15:00)
    大阪府立大学大学院理学系研究科 神川  憲 氏
  • 遷移金属触媒反応を活用する機能性有機材料の合成 (15:10-16:10)
    関西学院大学大学院理学研究科 畠山 琢次 氏
  • 可視光レドックス触媒反応の基礎から応用(16:20-17:20)
    日本工業大学基幹工学部応用化学科 小池 隆司 氏

■参加費

チケットをお選びいただく際には必ず、以下の会員かどうかご確認の上、お申込ください。

有機金属部会法人会員・協賛団体法人会員である会社からお申込の場合,受講者が会員外でも会員並に取り扱い致します。

  • 有機金属部会法人会員 15,000円
  • 大学官公庁所属会員 10,000円
  • 協賛団体会員 20,000円
  • 一般 35,000円
  • 学生 4,000円

 

■お申込方法

詳細・お申し込みはこちら

関連動画

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析…
  2. 不安定試薬の保管に!フードシーラーを活用してみよう
  3. アレクセイ・チチバビン ~もうひとりのロシア有機化学の父~
  4. 高い分離能のCOF膜が作製可能な二段階構築法の開発
  5. 有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応
  6. 白リンを超分子ケージに閉じ込めて安定化!
  7. 立体特異的アジリジン化:人名反応エポキシ化の窒素バージョン
  8. 「二酸化炭素の資源化」を実現する新たな反応系をデザイン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 食品衛生関係 ーChemical Times特集より
  2. 米国の化学系ベンチャー企業について調査結果を発表
  3. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  4. 【書籍】10分間ミステリー
  5. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  6. Christoph A. Schalley
  7. 【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?
  8. 大学の講義を無料聴講! Academic Earth & Youtube EDU
  9. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み
  10. プロペランの真ん中

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

第31回Vシンポ「精密有機構造解析」を開催します!

こんにちは、今回第31回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

理化学機器のリユースマーケット「ZAI」

不要になった理化学機器どうしていますか?大学だと資産や予算上の関係でなかなか処分に困るところ…

『主鎖むき出し』の芳香族ポリマーの合成に成功 ~長年の難溶性問題を解決~

第420回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科理学専攻 物質・生命化学領域 有機化…

研究費総額100万円!30年後のミライをつくる若手研究者を募集します【academist】

みなさんの隣の研究室では、どのような研究者が、何の研究を進めているかご存知でしょうか。隣の研究室なら…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP