[スポンサーリンク]

試薬

二フッ化酸素 (oxygen difluoride)

二フッ化酸素は、無色の常温気体。液体ではわずかに淡黄色を帯びます。二フッ化酸素の場合、フッ素原子F酸化数が「-1」なので、酸素原子O酸化数は「+2」です。

 

詳細

二フッ化酸素(oxygen difluoride;?OF2)は、少量の水分を含んだフッ化カリウム融解塩電解により、初めて1929年に発見されました。湿ったフッ化カリウムに、フッ素ガスを通じる方法でも、二フッ化水素が生成します。

F2+ H2O → HOF + HF

F2+ HOF → OF2+ HF

二フッ化酸素は水とは穏やかに反応して、フッ化水素を生成します。

OF2+ H2O → O2+ 2HF

参考文献

[1] “Concerning the mechanism of formation of oxygen difluoride.” Appelman EH et al.?J. Am. Chem. Soc. 1987 DOI:10.1021/ja00240a026

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. ミック因子 (Myc factor)
  2. マツタケオール mushroom alcohol
  3. アピオース apiose
  4. ニトログリセリン / nitroglycerin
  5. アザジラクチン あざじらくちん azadirachtin
  6. アントシアニン / anthocyanin
  7. ITO 酸化インジウム・スズ
  8. 酒石酸/Tartaric acid

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Evonikとはどんな会社?
  2. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction
  3. 抗体触媒 / Catalytic Antibody
  4. コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Synthesis
  5. 2009年10大分子発表!
  6. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功
  7. 「世界最小の元素周期表」が登場!?
  8. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  9. Keith Fagnou Organic Chemistry Symposium
  10. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP