[スポンサーリンク]

試薬

二フッ化酸素 (oxygen difluoride)

[スポンサーリンク]

二フッ化酸素は、無色の常温気体。液体ではわずかに淡黄色を帯びます。二フッ化酸素の場合、フッ素原子F酸化数が「-1」なので、酸素原子O酸化数は「+2」です。

 

詳細

二フッ化酸素(oxygen difluoride;?OF2)は、少量の水分を含んだフッ化カリウム融解塩電解により、初めて1929年に発見されました。湿ったフッ化カリウムに、フッ素ガスを通じる方法でも、二フッ化水素が生成します。

F2+ H2O → HOF + HF

F2+ HOF → OF2+ HF

二フッ化酸素は水とは穏やかに反応して、フッ化水素を生成します。

OF2+ H2O → O2+ 2HF

参考文献

[1] “Concerning the mechanism of formation of oxygen difluoride.” Appelman EH et al.?J. Am. Chem. Soc. 1987 DOI:10.1021/ja00240a026

Green

Green

投稿者の記事一覧

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。

関連記事

  1. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  2. アスパラプチン Asparaptine
  3. ニトログリセリン / nitroglycerin
  4. ピラーアレーン
  5. ロドデノール (rhododenol)
  6. ソラノエクレピンA (solanoeclepin A)
  7. テトロドトキシン Tetrodotoxin
  8. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法
  2. 第11回 触媒から生命へー金井求教授
  3. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan Synthesis
  4. 第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授
  5. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
  6. 有機・無機材料の相転移ダイナミクス:数理から未来のマテリアル開発まで
  7. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH
  8. 日本科学未来館
  9. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol Oxidative Cleavage
  10. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(前編)~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

光レドックス触媒反応 フォトリアクター Penn PhD Photoreactor M2をデモしてみた

いまや有機反応の開発に欠かせなくなった可視光反応場。多くの化学論文誌で毎週必ずいくつかみるほどですね…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP