[スポンサーリンク]

試薬

二フッ化酸素 (oxygen difluoride)

[スポンサーリンク]

二フッ化酸素は、無色の常温気体。液体ではわずかに淡黄色を帯びます。二フッ化酸素の場合、フッ素原子F酸化数が「-1」なので、酸素原子O酸化数は「+2」です。

 

詳細

二フッ化酸素(oxygen difluoride;?OF2)は、少量の水分を含んだフッ化カリウム融解塩電解により、初めて1929年に発見されました。湿ったフッ化カリウムに、フッ素ガスを通じる方法でも、二フッ化水素が生成します。

F2+ H2O → HOF + HF

F2+ HOF → OF2+ HF

二フッ化酸素は水とは穏やかに反応して、フッ化水素を生成します。

OF2+ H2O → O2+ 2HF

参考文献

[1] “Concerning the mechanism of formation of oxygen difluoride.” Appelman EH et al.?J. Am. Chem. Soc. 1987 DOI:10.1021/ja00240a026

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. ピラーアレーン
  2. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,…
  3. オリンピセン (olympicene)
  4. コルチスタチン /Cortistatin
  5. ダイヤモンドライクカーボン
  6. タミフル(オセルタミビル) tamiflu (oseltamiv…
  7. アルファリポ酸 /α-lipoic acid
  8. アスタキサンチン (astaxanthin)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム
  2. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  3. 「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入
  4. 「世界最小の元素周期表」が登場!?
  5. NMRの化学シフト値予測の実力はいかに
  6. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  7. 史跡 土肥金山
  8. 貴金属に取って代わる半導体触媒
  9. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?
  10. 計算化学を用いたスマートな天然物合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

TQ: TriQuinoline

第228回のスポットライトリサーチは、足立 慎弥さんにお願い致しました。シンプルながらこれま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP