[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail

[スポンサーリンク]

アハメド・ハッサン・ズウェイル(Ahmed Hassan Zewail、1946年2月26日(ダマンフール、エジプト生)-2016年8月2日 (70歳没))は、アメリカの分析化学者である。米国カリフォルニア工科大学教授。

1999年に「フェムト秒分光分析を用いた化学反応遷移状態の研究」の業績にてノーベル化学賞を単独受賞。

経歴

1946年2月26日、エジプトのダマンフールにて生まれる。 2006年ケンブリッジ大学より名誉博士号を授与される。

1967 アレクサンドリア大学 学士号取得
19xx ペンシルバニア大学 博士号取得
1974 カリフォルニア大学バークレー校 博士研究員
1976 カリフォルニア工科大学

受賞歴

1989 キング・ファイサル国際賞科学部門
1993 ウルフ賞化学部門
1997 ウェルチ化学賞
1998 ベンジャミン・フランクリン・メダル
1998 パウル・カラー・ゴールドメダル
1999 ノーベル化学賞
2011 プリーストリー賞
2011 デービーメダル

研究

フェムト秒分光分析(Femtosecond Spectroscopy)を用いて、様々な高速化学反応のメカニズム・詳細を明らかにするとともに、フェムト秒化学という研究領域を作り上げた。この業績により1999年ノーベル化学賞を単独受賞している。

関連動画

関連論文

  1. “Femtochemistry: Atomic-Scale Dynamics of the Chemical Bond” J. Phys. Chem. A. 2000, 104, 5660. doi:10.1021/jp001460h.

コメント & その他

  1. モハメド・アンワル・サダト(1978年平和賞)、ナギーブ・マフフーズ(1998年文学賞)に続く3人目のエジプト出身ノーベル賞受賞者。

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  2. 細野 秀雄 Hideo Hosono
  3. ベン・シェンBen Shen
  4. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  5. 吉良 満夫 Mitsuo Kira
  6. 金城 玲 Rei Kinjo
  7. エチオ・リザード Ezio Rizzardo
  8. トーマス・エブソン Thomas Ebbesen

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping
  2. ブルック転位 Brook Rearrangement
  3. 【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論
  4. 相次ぐ有毒植物による食中毒と放射性物質に関連した事件
  5. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き
  6. 科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
  7. 試験管内選択法(SELEX法) / Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment
  8. 科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト
  9. 図に最適なフォントは何か?
  10. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2007年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

注目情報

最新記事

【速報】HGS 分子構造模型「 立体化学 学生用セット」販売再開!

いまから約7年前の2015年10月。分子を愛する学生・研究者に悲報が届けられた。…

次世代型合金触媒の電解水素化メカニズムを解明!アルキンからアルケンへの選択的水素化法

第383回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院 理工学府 修士2年(研究当時)の野上 周嗣…

LG化学より発表されたプラスチックに関する研究成果

LG Chem develops advanced plastic materials …

経験の浅い医療系技術者でも希望にかなう転職を実現。 専門性の高い職種にこそ求められる「ビジョンマッチング」

「人財躍動化」をビジョンに掲げるAdecco Group Japanの人財紹介事業ブランドSprin…

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑦〜博士,鍵反応を仕込む〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発

第 382回のスポットライトリサーチは、金沢大学大学院 医薬保健総合研究科 創薬科学…

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.21 追記: 問3の構造式を再度訂正しました。2022.5.2…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP