[スポンサーリンク]


付加反応

  1. 超強塩基触媒によるスチレンのアルコール付加反応

    超強塩基を触媒とするβ-フェネチルエーテルの合成法が開発された。アルコールが逆マルコフ二コフ型でアリールアルケンに直接付加することでβ-フェネチルエーテルを効率よく合成できる。アルコールのアリールアルケンへの逆マルコフニコフ型付加反…

  2. 無保護アミン類の直接的合成

    第105回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院・環境調和創薬化学分野・大嶋孝志研究室…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization
  2. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国
  3. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  4. ノルゾアンタミンの全合成
  5. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン
  6. 2018年 (第34回)日本国際賞 受賞記念講演会のお知らせ
  7. 「薬草、信じて使うこと」=自分に合ったものを選ぶ

注目情報

最新記事

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

PAGE TOP