[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

フェノール類とβ-ケトエステル類からクマリン誘導体を合成する手法。

 

基本文献

  • v. Pechmann, H.; Duisberg, C. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188316, 2119.
  • v. Pechmann, H. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188417, 929. doi:10.1002/cber.188401701248
  • Sethna, S.; Phadke, R. Org. React. 19537, 1.
  • Holden, M. S.; Crouch, R. D. J. Chem. Edu. 199875, 1631.

 

反応機構

von_pechmann_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxi…
  2. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt …
  3. 不斉ストレッカー反応 Asymmetric Strecker R…
  4. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement
  5. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synt…
  6. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolacton…
  7. ベンゾイン縮合反応 Benzoin Condensation
  8. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 含ケイ素三重結合化合物(Si≡Mo、Si≡C)
  2. ハワイ州で日焼け止め成分に規制
  3. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!
  4. キニーネ きにーね quinine
  5. ワールドクラスの日本人化学者が語る研究物語―『化学者たちの感動の瞬間』
  6. ケムステスタッフ徹底紹介!
  7. “CN7-“アニオン
  8. エナンチオ選択的ジフルオロアルキルブロミド合成
  9. C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング
  10. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP