[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction

 

概要

フェノール類とβ-ケトエステル類からクマリン誘導体を合成する手法。

 

基本文献

  • v. Pechmann, H.; Duisberg, C. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188316, 2119.
  • v. Pechmann, H. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188417, 929. doi:10.1002/cber.188401701248
  • Sethna, S.; Phadke, R. Org. React. 19537, 1.
  • Holden, M. S.; Crouch, R. D. J. Chem. Edu. 199875, 1631.

 

反応機構

von_pechmann_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autoc…
  2. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
  3. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griff…
  4. アセト酢酸エステル/マロン酸エステル合成 Acetoacetic…
  5. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjano…
  6. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Gan…
  7. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveaul…
  8. ベティ反応 Betti Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海洋天然物パラウアミンの全合成
  2. 有機合成のナビゲーター
  3. Nature Chemistryデビュー間近!
  4. 世界初の有機蓄光
  5. ノルゾアンタミンの全合成
  6. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  7. MAC試薬 MAC Reagent
  8. 【追悼企画】生命現象の鍵を追い求めてー坂神洋次教授
  9. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin
  10. ウギ反応 Ugi Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP