[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

フェノール類とβ-ケトエステル類からクマリン誘導体を合成する手法。

 

基本文献

  • v. Pechmann, H.; Duisberg, C. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188316, 2119.
  • v. Pechmann, H. Ber. Dtsch. Chem. Ges. 188417, 929. doi:10.1002/cber.188401701248
  • Sethna, S.; Phadke, R. Org. React. 19537, 1.
  • Holden, M. S.; Crouch, R. D. J. Chem. Edu. 199875, 1631.

 

反応機構

von_pechmann_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearr…
  2. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応
  3. ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene S…
  4. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Steve…
  5. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  6. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction
  7. エタール反応 Etard Reaction
  8. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein R…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する
  2. 光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす
  3. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride
  4. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる
  5. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  6. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  7. キレーション療法ってなに?
  8. ディスコデルモライド /Discodermolide
  9. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  10. メルドラム酸 Meldrum’s Acid

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

ケムステのライターになって良かったこと

先日、Chem-Stationのスタッフのやぶさんがスタッフになって良かったこと、Chem-Stat…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP