[スポンサーリンク]


有機材料

  1. 【太陽HD】世界初!セルロースナノファイバー複合電子材料の研究

    セルロースナノファイバー(CNF)は木材などに含まれる植物繊維をナノサイズまでほぐすことで得られるナノ繊維のことです。CNFは鉄の5分の1程度の軽さでありながら、その7~8倍の強度を有する、ガラスと同程度の低い熱膨張率を示すなど優れた特性を…

  2. V字型分子が実現した固体状態の優れた光物性

    固体状態での蛍光の効率化への取り組み多環芳香族化合物は一般に固体状態において溶液…

  3. 有機機能材料 基礎から応用まで

    内容研究者養成のための先進的なテキスト。色素、高分子、液晶から生体材料、有機無機ハイブリ…

  4. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士

    このインタビューも24回目になりました。今回は第9回の山下先生(現在中央大学准教…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Wiiで育てる科学の心
  2. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Group of Aryl Compounds
  3. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination
  4. カルボン酸を触媒のみでアルコールに還元
  5. キャロライン・ベルトッツィ Carolyne R. Bertozzi
  6. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士
  7. グライコシンターゼ (Endo-M-N175Q) : Glycosynthase (Endo-M-N175Q)

注目情報

最新記事

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP