[スポンサーリンク]


有機材料

  1. 嘉部 量太 Ryota Kabe

    嘉部 量太 (KABE Ryota、1983年3月4日-)は日本の化学者である。沖縄科学技術大学院大学 有機光エレクトロニクスユニット 准教授.専門分野は材料科学、有機半導体デバイス、錯体化学。 (さらに…)…

  2. イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

    第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

  3. 【太陽HD】世界初!セルロースナノファイバー複合電子材料の研究

    セルロースナノファイバー(CNF)は木材などに含まれる植物繊維をナノサイズまでほぐすことで得られるナ…

  4. V字型分子が実現した固体状態の優れた光物性

    固体状態での蛍光の効率化への取り組み多環芳香族化合物は一般に固体状態において溶液…

  5. 有機機能材料 基礎から応用まで

    内容研究者養成のための先進的なテキスト。色素、高分子、液晶から生体材料、有機無機ハイブリ…

  6. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 基礎材料科学
  2. ジョージ・スミス George P Smith
  3. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  4. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  5. マンガでわかる かずのすけ式美肌化学のルール
  6. 酵素合成と人工合成の両輪で実現するサフラマイシン類の効率的全合成
  7. サラ・オコナー Sarah E. O’Connor

注目情報

最新記事

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

PAGE TOP