[スポンサーリンク]

archives

Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(

【Aldrich 】
 Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン((Aldrichオンラインカタログ, PDFファイル)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. GlycoProfile アジド糖
  2. ペンタフルオロスルファニル化合物
  3. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラー…
  4. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…
  5. π-アリルパラジウム錯体
  6. ジボラン(diborane)
  7. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  8. ODOOSをリニューアル!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(2)
  2. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.
  3. 池田 菊苗 Kikunae Ikeda
  4. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  5. 関東化学2019年採用情報
  6. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授
  7. 研究室の大掃除マニュアル
  8. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(1)
  9. 学会に行こう!高校生も研究発表できます
  10. IRの基礎知識

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP