[スポンサーリンク]

archives

Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(

【Aldrich 】
 Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン((Aldrichオンラインカタログ, PDFファイル)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  2. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  3. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  4. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  5. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  6. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  7. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘…
  8. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  2. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”
  3. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin
  4. Org. Proc. Res. Devのススメ
  5. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】
  6. ガ求愛行動:性フェロモンを解明 東大など
  7. ビタミンB12 /vitamin B12
  8. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!
  9. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  10. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

PAGE TOP