[スポンサーリンク]

archives

Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(

【Aldrich 】
 Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン((Aldrichオンラインカタログ, PDFファイル)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ベンゾ[1,2-b:4,5-b’]ジチオフェン:Be…
  2. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  3. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-…
  4. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  5. (+)-2,2′-メチレンビス[(3aR,8aS)-…
  6. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  7. エノキサシン:Enoxacin
  8. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 抗がん剤などの原料の新製造法
  2. “CN7-“アニオン
  3. フェノールフタレイン ふぇのーるふたれいん phenolphthalein
  4. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ② 「ポスト・イット アドバンス」
  5. 「人工タンパク質ケージを操る」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Hilvert研より
  6. 遷移金属の不斉触媒作用を強化するキラルカウンターイオン法
  7. アントシアニン / anthocyanin
  8. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  9. クラウス・ビーマン Klaus Biemann
  10. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP