[スポンサーリンク]

archives

Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(

【Aldrich 】
 Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン((Aldrichオンラインカタログ, PDFファイル)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. スルホニルフルオリド
  2. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジ…
  3. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  4. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  5. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニ…
  6. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  7. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  8. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 白い粉の正体は…入れ歯洗浄剤
  2. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護”反応
  3. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士
  4. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling
  5. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  6. 化学者のランキング指標「h-index」 廃止へ
  7. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』
  8. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  9. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  10. 世界的性能の質量分析器開発を開始

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP