[スポンサーリンク]

archives

Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(

[スポンサーリンク]

【Aldrich 】
 Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン((Aldrichオンラインカタログ, PDFファイル)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  2. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  3. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!
  4. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応…
  5. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  6. 4,7-ジブロモ-2,1,3-ベンゾチアジアゾール:4,7-Di…
  7. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  8. イリジウム錯体:Iridium-complex

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  2. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  3. 化学連合シンポ&化学コミュニケーション賞授賞式に行ってきました
  4. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料
  5. 三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始
  6. デュアルディスプレイDNAコード化化合物ライブラリーの改良法
  7. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  8. タングトリンの触媒的不斉全合成
  9. 含ケイ素四員環-その2-
  10. ロッセン転位 Lossen Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP