[スポンサーリンク]


除草剤

  1. ストリゴラクトン類縁体の構造活性相関研究 ―海外企業ポスドク―

    ケムステ海外研究記の第40回目は、先日までSyngenta AG(シンジェンタ)に留学されていた吉村柾彦さんにお願いしました。(写真はStein, Switzerlandにある、Syngentaの試験場を含む研究所の全景。SCSより引用)…

  2. 【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

    日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

  3. 農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

     この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

  4. モンサント、住友化学 雑草防除で協力強化

    住友化学は、米国のモンサント社との間で、2010年に構築された米国における農作物保護(雑草防除)分野…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  2. その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜
  3. フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ
  4. 分子素子の働き せっけんで確認
  5. バニリン /Vanillin
  6. MOF-5: MOF の火付け役であり MOF の代名詞
  7. 第54回―「ナノカーボンを機能化する合成化学」Maurizio Prato教授

注目情報

最新記事

二酸化炭素をほとんど排出せず、天然ガスから有用化学品を直接合成

第396回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科 応用化学専攻 山口研究室の和知 …

「mihub」を活用したマテリアルズインフォマティクスの実践 -実験条件の最適化を促すための活用ケース-

開催日:2022/07/13 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

【7/28開催】第3回TCIオンラインセミナー 「動物透明化試薬ウェビナー CUBICの基礎と実例」

第3回TCIオンラインセミナーを開催いたします。現在、動物透明化技術は注目の手技です。本セミ…

金属アルコキシドに新たなファミリー!Naでも切れない絆

アルカリ金属と1-アダマンタノール (HOAd1)の混合により、平面三角形構造かつ未還元のヒドロキシ…

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

PAGE TOP