[スポンサーリンク]

ケムステニュース

モンサント、住友化学 雑草防除で協力強化

[スポンサーリンク]

住友化学は、米国のモンサント社との間で、2010年に構築された米国における農作物保護(雑草防除)分野の戦略的協力関係を強化することに合意し、11月11日(日本時間)契約を締結した。

モンサント社は、除草剤「ラウンドアップ」と同剤への耐性を付与した遺伝子組換え種子「ラウンドアップ・レディ」を組合わせた雑草防除体系を推奨している。一方、住友化学はラウンドアップの有効成分であるグリホサートに抵抗性をもつ雑草に有効な除草剤フルミオキサジンを開発し販売しているが、2010年以降、同社の米国の子会社であるベーラントU.S.A社の除草剤製品群がモンサント社の除草体系に組み込まれ、難防除雑草の抑制に大きな成果を上げている。
今回の合意によって、モンサント社の雑草防除体系に組み込まれるベーラントU.S.A社の製品群の範囲が拡大されることになる。住友化学では、今回の関係強化により「農家が抱えるさまざまな雑草問題の解決に貢献し、米国における農薬事業を一層拡大させていく」予定だ(引用:農業共同組合新聞 2014年11月11日)。

 

1ヶ月ほど前のニュースですが紹介します。住友化学は農業事業にかなり力をいれているそうです。

ラウンドアップの主成分であるグリホサートイソプロピルアミン塩は、植物が持っている特定の栄養(芳香族アミノ酸)を作るのに必要なEPSPS(5-エノールピルビルシキミ酸-3-リン酸合成酵素)という酵素を阻害します。これによって植物がアミノ酸を作れなくなり、枯れるという仕組みです。このEPSPS酵素は植物や微生物だけが持っているものなので、もともと酵素を持っていない人間や動物に対してグリホサートは作用しません。

話はそれますが、住友化学の研究開発論文は20年ほど発行されていて、同社の製品開発に関して非常に詳しく記載されています。最近のものはPDFファイルで読めるのでオススメです。

 

関連書籍

外部リンク

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  2. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  3. モータースポーツで盛り上がるカーボンニュートラル
  4. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  5. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ
  6. 三井物と保土谷 多層カーボンナノチューブを量産
  7. 九大発、化学アウトリーチのクラウドファンディング「光化学の面白さ…
  8. 第二回触媒科学国際シンポジウム

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステイブニングミキサー2015を終えて
  2. Nature主催の動画コンペ「Science in Shorts」に応募してみました
  3. 株式会社ジーシーってどんな会社?
  4. マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解
  5. 階段状分子の作り方
  6. ヘロナミドA Heronamide A
  7. 国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―
  8. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  9. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物
  10. 胃薬のラニチジンに発がん性物質混入のおそれ ~簡易まとめ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2014年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータ0からの初期データ戦略

開催日:2024/06/05 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP