[スポンサーリンク]


ATRP

  1. 微生物の電気でリビングラジカル重合

    テキサス大学オースティン校のBenjamin K. Keitz教授らは、電気を発生する微生物によって金属触媒の活性をコントロールし、リビングラジカル重合(ATRP)を行うことに成功しました。“Shewanella oneidensis …

  2. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjaszewski

    クリストフ・マッテャシェフスキー(Krzysztof Matyjaszewski、1950年4月…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①
  3. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  4. ペンタフルオロスルファニル化合物
  5. ウォルター・コーン Walter Kohn
  6. マーティン・バーク Martin D. Burke
  7. クマリンを用いたプロペラ状π共役系発光色素の開発

注目情報

最新記事

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

PAGE TOP