[スポンサーリンク]

H

ホフマン脱離 Hofmann Elimination

[スポンサーリンク]

 

概要

四級アンモニウム塩を塩基で処理すると、E1cB様機構で脱離が起こり、置換基の数が少ないオレフィンが優先的に生成する。炭素骨格の転位が起こらないので、アルカロイドの骨格構造の証明に用いられることも多かった。

基本文献

  • Hofmann, A.W. Ann. 1851, 78, 253.
  • Hofmann, A.W. Ann. 1851, 79, 2203.
  • Hofmann, A.W. Ber. 1881, 14, 659.
  • Cope, A.C.; Trumbull, E.R. Org. React. 196011, 317.
  • DePuy, C.H.; King, R.W. Chem. Rev. 196060, 431. DOI: 10.1021/cr60207a001

 

反応機構

四級アンモニウムやスルホニウムなどの脱離能は低く、E1cB様E2機構を経由するとされる。カルボアニオン中間体は級数の低い炭素に生成しやすいので、Zaitsev則とは逆の位置選択性が達成される。
n-ene-6.gif

反応例

通常置換数の少ないオレフィンが生成する。
hofmann_elim_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  2. 芳香族求核置換反応 Nucleophilic Aromatic …
  3. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reactio…
  4. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction
  5. ミッドランド還元 Midland Reduction
  6. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearr…
  7. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric A…
  8. ベンジジン転位 Benzidine Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian
  2. 株式会社ジーシーってどんな会社?
  3. 研究者の活躍の場は「研究職」だけなのだろうか?
  4. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013
  5. クロスカップリング用Pd触媒 小ネタあれこれ
  6. 無保護アミン類の直接的合成
  7. 小さなケイ素酸化物を得る方法
  8. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  9. 重いキノン
  10. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

Tshozoです。少し短いですが以前から気になっていたので書いておきます。また少々電気化学系…

白い器を覆っている透明なガラスってなんだ?

白い器を覆っている"透明なガラス"が何から出来ているのか気になりませんか?今回は、皆さんがよく目にす…

林 雄二郎博士に聞く ポットエコノミーの化学

雑誌「現代化学」の特集インタビュー記事から、東北大学林雄二郎先生のインタビュー(2019年5月号掲載…

『夏休み子ども化学実験ショー2019』8月3日(土)~4日(日)、科学技術館にて開催

化学の学会ならびに産業界で組織する「夢・化学-21」委員会は、2019年8月3日(土)~4日(日)の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP