[スポンサーリンク]

H

ホフマン脱離 Hofmann Elimination

 

概要

四級アンモニウム塩を塩基で処理すると、E1cB様機構で脱離が起こり、置換基の数が少ないオレフィンが優先的に生成する。炭素骨格の転位が起こらないので、アルカロイドの骨格構造の証明に用いられることも多かった。

基本文献

  • Hofmann, A.W. Ann. 1851, 78, 253.
  • Hofmann, A.W. Ann. 1851, 79, 2203.
  • Hofmann, A.W. Ber. 1881, 14, 659.
  • Cope, A.C.; Trumbull, E.R. Org. React. 196011, 317.
  • DePuy, C.H.; King, R.W. Chem. Rev. 196060, 431. DOI: 10.1021/cr60207a001

 

反応機構

四級アンモニウムやスルホニウムなどの脱離能は低く、E1cB様E2機構を経由するとされる。カルボアニオン中間体は級数の低い炭素に生成しやすいので、Zaitsev則とは逆の位置選択性が達成される。
n-ene-6.gif

反応例

通常置換数の少ないオレフィンが生成する。
hofmann_elim_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebesk…
  2. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical O…
  3. バートン・ザード ピロール合成 Barton-Zard Pyrr…
  4. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  5. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von …
  6. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt …
  7. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Couplin…
  8. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromati…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ニュースタッフ追加
  2. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  3. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  4. ソラノエクレピンA (solanoeclepin A)
  5. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura
  6. 免疫系に捕そくされない超微粒子の薬剤
  7. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!
  8. ステファン・バックワルド Stephen L. Buchwald
  9. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー3
  10. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP