[スポンサーリンク]

H

ホフマン脱離 Hofmann Elimination

 

概要

四級アンモニウム塩を塩基で処理すると、E1cB様機構で脱離が起こり、置換基の数が少ないオレフィンが優先的に生成する。炭素骨格の転位が起こらないので、アルカロイドの骨格構造の証明に用いられることも多かった。

基本文献

  • Hofmann, A.W. Ann. 1851, 78, 253.
  • Hofmann, A.W. Ann. 1851, 79, 2203.
  • Hofmann, A.W. Ber. 1881, 14, 659.
  • Cope, A.C.; Trumbull, E.R. Org. React. 196011, 317.
  • DePuy, C.H.; King, R.W. Chem. Rev. 196060, 431. DOI: 10.1021/cr60207a001

 

反応機構

四級アンモニウムやスルホニウムなどの脱離能は低く、E1cB様E2機構を経由するとされる。カルボアニオン中間体は級数の低い炭素に生成しやすいので、Zaitsev則とは逆の位置選択性が達成される。
n-ene-6.gif

反応例

通常置換数の少ないオレフィンが生成する。
hofmann_elim_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process fo…
  2. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Brid…
  3. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupl…
  4. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolacton…
  5. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)…
  6. ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclo…
  7. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol R…
  8. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactoniza…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. GlycoProfile アジド糖
  2. アライン種の新しい発生法
  3. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  4. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み
  5. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte
  6. ストックホルム市庁舎
  7. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  8. 【追悼企画】カナダのライジングスター逝く
  9. 韮崎大村美術館が27日オープン 女性作家中心に90点展示
  10. リンと窒素だけから成る芳香環

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP