[スポンサーリンク]

H

ホフマン脱離 Hofmann Elimination

 

概要

四級アンモニウム塩を塩基で処理すると、E1cB様機構で脱離が起こり、置換基の数が少ないオレフィンが優先的に生成する。炭素骨格の転位が起こらないので、アルカロイドの骨格構造の証明に用いられることも多かった。

基本文献

  • Hofmann, A.W. Ann. 1851, 78, 253.
  • Hofmann, A.W. Ann. 1851, 79, 2203.
  • Hofmann, A.W. Ber. 1881, 14, 659.
  • Cope, A.C.; Trumbull, E.R. Org. React. 196011, 317.
  • DePuy, C.H.; King, R.W. Chem. Rev. 196060, 431. DOI: 10.1021/cr60207a001

 

反応機構

四級アンモニウムやスルホニウムなどの脱離能は低く、E1cB様E2機構を経由するとされる。カルボアニオン中間体は級数の低い炭素に生成しやすいので、Zaitsev則とは逆の位置選択性が達成される。
n-ene-6.gif

反応例

通常置換数の少ないオレフィンが生成する。
hofmann_elim_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  2. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethy…
  3. ブルック転位 Brook Rearrangement
  4. サレット・コリンズ酸化 Sarett-Collins Oxida…
  5. 芳香族求核置換反応 Nucleophilic Aromatic …
  6. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (…
  7. 2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Pr…
  8. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxid…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ
  2. 研究者へのインタビュー
  3. 会社でも英語を重視?―さて詮なきことか善きことか
  4. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法
  5. 電子実験ノートもクラウドの時代? Accelrys Notebook
  6. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar
  7. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発
  8. 計算化学を用いたスマートな天然物合成
  9. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  10. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP