[スポンサーリンク]


2001年 7月 12日

  1. 1,2-還元と1,4-還元

    α,β-不飽和カルボニル化合物を還元する場合を考えてみよう。以下に示す、3種類の生成物が得られる可能性がある(図1)。 カルボニル炭素がヒドリドの攻撃を受けて生成する、アリルアルコールA (1,2-還元) 電子不足の二重結合…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2023年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!
  2. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  3. フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Iron(II)
  4. ソープ・インゴールド効果 Thorpe-Ingold Effect
  5. “防護服の知恵.com”を運営するアゼアス(株)と記事の利用許諾契約を結びました
  6. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  7. 日本入国プロトコル(2022年6月末現在)

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP