[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

文献管理のキラーアプリとなるか? 「ReadCube」

 

かつてケムステで文献管理ソフトをまとめて紹介したところ、大変な反響をいただきました。増え続けるPDFの管理作業は、分野を問わず研究者の悩みの種ということがよく分かります。【過去記事:Evernoteで論文PDFを一元管理! 最強の文献管理ソフトはコレだ!

今や文献管理ソフトは無料有料問わずいくつもの種類が存在しており、半ば戦国時代の様相を呈しているほど。

このたびそこにニューフェースが参上しました。その名もReadCube。ハーバード大学の卒業生が開発し、今年10月に公開されたばかりの無料文献管理ソフトです。

できて間もないながら大変完成度が高く、また他にない優れた機能が搭載されており、キラーアプリたる潜在的力量が見え隠れしています。

ふとしたことからこのアプリを知った、新しもの好きの筆者。 早速使ってみましたのでご紹介します。

(おそらく)日本語圏初のReadCubeレビューです!

ReadCubeの特徴

初心者にも分かりやすい、すっきりとしたインターフェース

下のキャプチャ画像はWindows7での基本画面ですが、インターフェースはMacに類似しており、シンプルなものになっていることがお分かりでしょう。そのおかげでほとんど直観的に操作できてしまいます。充実したチュートリアル・TIPSも付属しており、この点はかなりポイント高しです。

readcube_2.jpg
強力なインポート機能

インストールすると、早速ハードディスク(もしくは指定フォルダ内)の全検索がなされ、論文PDFが全て洗い出されます。PDFが論文フォーマットに該当するかどうかも自動で判定され、タイトル・ジャーナル・著者名などを抽出したインデックスが即座に生成されてきます。このプロセスは速く、しかも割と正確です。このCitation情報をEndNoteへエクスポートする機能もついています。

Mendeleyにも類似機能はありますが、ReadCubeはインストール直後にガイドしてくれるので、その点は素晴らしい。もちろんあとから手動で追加することも可能です。

readcube_3.jpg

PDFへのハイライト・コメント付与機能・全文検索機能

全文検索があれば分類キーワードを指定しなくてよいので、管理がとても楽になります。内蔵PDFリーダーで閲覧でき、いちいち別窓で開く必要はありません。複数PDFの切り替えはタブ形式で行え、コメント・ハイライトをつけることができます。このあたりは昨今の文献管理ソフトなら、当たり前に搭載される機能になりつつありますね。

readcube_4.jpgRecommendation機能

おそらくはユーザがインポートした論文情報から推測して、必要としているだろう論文をサジェストしてくれる機能です。
確度はともかく、これはなかなかに面白い機能だと思えます。使い込むほど便利になっていきそうですし、個人では限界のある「新しい着眼を得るための窓口」の一つになってくれるかもしれません。

readcube_5.jpg素早い文献検索機能

Google ScholarとPubMedを介した文献検索が行えます。わざわざブラウザを開かずとも良く、また検索結果一覧が簡潔にまとめられてくるので、もともとのサービスを使うよりもずっと見やすく感じます。Related Articlesのハイパーリンクをクリックすれば、関連論文も即座に持ってこれます。

readcube_6.jpgワンクリックで文献をダウンロード!

Recommended論文・検索された論文は、所属機関が購読していればなんとワンクリックでダウンロード可能です。
ソフト側で認証などを自動対応してくれてるようで、面倒くさい設定は全く不要。これはかなりの親切設計です!

 

Natureと提携!ReadCubeウェブリーダー

上述のデスクトップアプリもよくできていますが、筆者個人が凄いと思ったのはむしろこのReadCubeウェブリーダーのほうです。なにしろこのビューワー、研究者が「あったらいいな、こういうの欲しいな」と思うような機能が、ピンポイントに搭載されているのですから。現状ローカルアプリとは独立して公開されていますが、いずれは統合される予定と見うけられます。

Nature Publishing Group(NPG)との提携がもたれ、11月2日よりReadCubeがNPGの半公式ビューワーとして組み込まれています。NPGジャーナルの論文ページに飛んで、PDF optionのリンクから“view interactive pdf”を選んでみると、ReadCubeウェブリーダーを介して論文閲覧ができるようになっていることが分かります。最近実装されたばかりなので、ご存じない人も多いのではないでしょうか。

readcube_7.jpg
ともあれオープンアクセス論文にアクセスして、ご自分で体験してみるのが一番でしょう。ワンクリックでSupporting Informationや対応するNews & Viewsを参照できたり、サイドバーにハイパーリンク付きのReference、Authorが一覧表示され、そこから1クリックで検索できたり・・・本当に便利な機能ばかりで、現場の研究者にとっては感動モノですよこれ。

readcube_8.jpg

(クリックで画像を拡大)

文献管理ソフトとしては後発であるReadCubeですが、何とかしてシェアを上げるべく採った戦略がこれというわけです。確かに他のソフト提供元が全く目をつけてないやり方でもあり、それでいてプロモーション効果は絶大(筆者もこれを通じてReadCubeを知ったのですから!)。これほどスマートな切り込み方があるのか!とまったく感嘆するばかりでした。

これで一挙に知名度が上がって市民権を確保し、ACSやRSCなど他のジャーナル出版元が追随せざるを得なくなったら、凄いことではないでしょうか。

 

 

まとめ

現段階でも完成度は高く、シンプルながら必要十分な機能はあるという印象です。
とはいえMendeleyに既に実装されているプロフィール機能やクラウド・SNSサービスとの連携など、あって欲しいなと思える機能は、まだ実装されていません。EvernoteとMendeleyをメインに活用している身としては、乗り換えにはもう少し待つのが吉かな?というのが偽らざる感想ですね。

しかしReadCubeのRecommendation機能、何でもかんでも1クリックの手軽さなどは、他をもって代えがたいほどの強みを感じます。久々に将来性を感じさせるサービスであることは間違いないでしょう。期待大ですね!

 

追記

  • Natureを要するマクミラン社が無料でNature論文が過去の論文も含めてフルテキストで閲覧できるようにすると発表しました。「ReadCube」のビューワー機能を使ってオンライン上で可能になる予定。ただし、学術論文はReadCubeビューワーで閲覧はできますが、印刷したりダウンロードしたりすることはできません。デスクトップ版ReadCubeでは手元にPDFを保存することもできるらしい(2014年12月3日)。
  • Wiley Online LibraryがReadCube社のPDFビューア ReadCube Connect を全面的に採用しました (2015年2月19日)。

 

関連動画

 

 

関連商品

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」…
  2. 最も引用された論文
  3. 年に一度の「事故」のおさらい
  4. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻…
  5. 研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~
  6. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応
  7. 個性あるTOC
  8. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サイエンス・コミュニケーションをマスターする
  2. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  3. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton
  4. NeoCube 「ネオキューブ」
  5. 疑惑の論文200本発見 米大が盗作探知プログラム開発
  6. 混合原子価による芳香族性
  7. 2009年8月人気化学書籍ランキング
  8. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramakrishnan
  9. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
  10. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

PAGE TOP