[スポンサーリンク]


2005年 2月 18日

  1. 「さびない鉄」産業界熱視線

    日本の金属研究の中心地、東北大金属材料研究所の成果が、また一つ産業化へ向けて動き出す。安彦兼次客員教授らの研究グループが開発に成功した「超高純度金属」。純度を99・9989%にまで高めた鉄は、従来の鉄の常識を覆す物体に変わる。原発のひび…

  2. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム

    オスのゴキブリを引き付けるメスの性フェロモンを合成することに日米の共同チームが成功した。天然のものと…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 名古屋メダル―受賞者一覧
  2. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2021年版】
  3. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  4. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用
  5. ブレデレック試薬 Bredereck’s Reagent
  6. Reaxys Prize 2012受賞者決定!
  7. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その1~

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP