[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁

ロスバスタチンカルシウム


製薬大手、塩野義製薬(大阪市)の元社員渡辺正道さん(59)=大津市=が6日、「高脂血症治療薬クレストールの主成分発明に見合う対価が支払われていない」として、同社を相手に約8億7000万円を求める訴えを大阪地裁に起こした。
訴状などによると、渡辺さんは1966年から2003年まで同社に研究員などとして勤務。91年、他の従業員3人と共同でクレストールの主成分「ロスバスタチンカルシウム」を発明した。
塩野義は同成分を含む物質に関する特許を申請し、97年に取得。塩野義から特許の独占的実施権の許諾を得た英アストラゼネカ社が製品開発を進め、日本と欧米でクレストールを発売した。塩野義は04年から06年前半までに計約203億円に上る特許権使用料収入を得たという(引用:
時事通信社)。

 

クレストール(CRESTOR)は高脂血症治療薬です。高脂血症治療薬といえば最も有名なものはファイザーのリピトールですが、そのリピトールと分子構造も非常に類似しています。下の構造式を見ていただければわかると思いますが、リピトールのピロールがピリミジンに、アミド部位がスルホンアミドになっているだけです。リピトールと同様に天然物でなく人工的な合成によって作られています。

 

Rosuvastatin Calcium

今回の訴訟はクレストールを開発した渡辺さんが起こしたものですが、特許取得料として計1万5千円しかもらっていなかったそうです。その後、社内の改定により2005年に約1500万円の報奨金が当てられるはずでしたが、それでは発明の対価としては少ないとして訴訟を起こしました。

 

1500万円。3人での特許ですので、それぞれ1500万円とはいわなくともそれなりにもらえるはずです。意外と多いと思いますが、どうでしょう?

 

確かに研究者としては応援したい気分にはなりますが、製薬会社で安定した収入を得て、研究を継続できたことを考えると、そのぐらいなのでは?と思ってしまいます。ただ、後々の研究者のモチベーションを挙げるためにもがんばってほしいという気持ちもあります。どっちなんだ?と思われるかもしれませんが、実際状況がわからないだけに難しいです・・・。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  2. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請
  3. 岡大教授が米国化学会賞受賞
  4. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約
  5. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  6. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  7. 化学は切手と縁が深い
  8. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発
  2. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Synthesis
  3. 野依 良治 Ryoji Noyori
  4. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Protecting Group
  5. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  6. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  7. Independence Day
  8. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  9. とある化学者の海外研究生活:イギリス編
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP