[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁

[スポンサーリンク]

ロスバスタチンカルシウム


製薬大手、塩野義製薬(大阪市)の元社員渡辺正道さん(59)=大津市=が6日、「高脂血症治療薬クレストールの主成分発明に見合う対価が支払われていない」として、同社を相手に約8億7000万円を求める訴えを大阪地裁に起こした。
訴状などによると、渡辺さんは1966年から2003年まで同社に研究員などとして勤務。91年、他の従業員3人と共同でクレストールの主成分「ロスバスタチンカルシウム」を発明した。
塩野義は同成分を含む物質に関する特許を申請し、97年に取得。塩野義から特許の独占的実施権の許諾を得た英アストラゼネカ社が製品開発を進め、日本と欧米でクレストールを発売した。塩野義は04年から06年前半までに計約203億円に上る特許権使用料収入を得たという(引用:
時事通信社)。

 

クレストール(CRESTOR)は高脂血症治療薬です。高脂血症治療薬といえば最も有名なものはファイザーのリピトールですが、そのリピトールと分子構造も非常に類似しています。下の構造式を見ていただければわかると思いますが、リピトールのピロールがピリミジンに、アミド部位がスルホンアミドになっているだけです。リピトールと同様に天然物でなく人工的な合成によって作られています。

 

Rosuvastatin Calcium

今回の訴訟はクレストールを開発した渡辺さんが起こしたものですが、特許取得料として計1万5千円しかもらっていなかったそうです。その後、社内の改定により2005年に約1500万円の報奨金が当てられるはずでしたが、それでは発明の対価としては少ないとして訴訟を起こしました。

 

1500万円。3人での特許ですので、それぞれ1500万円とはいわなくともそれなりにもらえるはずです。意外と多いと思いますが、どうでしょう?

 

確かに研究者としては応援したい気分にはなりますが、製薬会社で安定した収入を得て、研究を継続できたことを考えると、そのぐらいなのでは?と思ってしまいます。ただ、後々の研究者のモチベーションを挙げるためにもがんばってほしいという気持ちもあります。どっちなんだ?と思われるかもしれませんが、実際状況がわからないだけに難しいです・・・。

 

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験
  2. よくわかる最新元素の基本と仕組み
  3. アルコール依存症患者の救世主現る?
  4. サイアメントの作ったドラマ「彼岸島」オープニングがすごい!
  5. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  6. 11年ぶり日本開催、国際化学五輪プレイベントを3月に
  7. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  8. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エリック・メガース Eric Meggers
  2. Reaxys Ph.D Prize2019ファイナリスト発表!
  3. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction
  4. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  5. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-
  6. 新しいエポキシ化試薬、Triazox
  7. 産総研 地質標本館
  8. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!
  9. 眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー
  10. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2007年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

その病気、市販薬で治せます

(さらに…)…

チェーンウォーキングを活用し、ホウ素2つを離れた位置へ導入する!

第350回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院理工学研究科 博士課程 2 …

ヘテロ環、光当てたら、減ってる環

種々の生物活性物質に適用可能な飽和複素環の環縮小反応が開発された。可視光の照射のみで飽和複素環のヘテ…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解金めっき編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

モータースポーツで盛り上がるカーボンニュートラル

11月13日、マツダは岡山県の岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久シリーズ2021 Power…

化学反応を自動サンプリング! EasySampler 1210

自動でサンプリングして化学反応を追跡できる装置 EasySampler 1210…

化学者のためのエレクトロニクス講座~めっきの原理編~

このシリーズ、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDな…

常温・常圧で二酸化炭素から多孔性材料をつくる

第349回のスポットライトリサーチは、京都大学工学研究科堀毛研究室で2020年に博士号を取得され、現…

第464回生存圏シンポジウム バイオナノマテリアルシンポジウム2021 - アカデミアからの発信 –

温室効果ガスゼロエミッションは、あらゆる分野において人類が生存を賭けて取り組む喫緊の課題です。大気中…

宇宙に輝く「鄒承魯星」、中国の生物化学の先駆者が小惑星の名前に

「鄒承魯小惑星」の命名セレモニーが2日、中国科学院生物物理研究所で行われた。中央テレビニュースが伝え…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP