[スポンサーリンク]

ケムステニュース

サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産

[スポンサーリンク]

?中堅農薬メーカーのサンケイ化学は、害虫防除に使うフェロモン剤を自社生産する。従来はチューブ状の他社製品を販売していたが、製剤を散布しやすい粒状に加工することに成功、製造設備を導入した。同社によると粒状の製品は業界で初めてという。公的機関の試験結果を待って、2007年春をめどに販売を始める。初年度に1億円の売り上げを目指す。

 フェロモン剤は害虫の交尾を阻害するために雄の虫を誘引するもので、少量の散布で雄が雌の位置を特定できない交信かく乱状態にする。作物や環境への影響が少なく農薬の使用量も減らすことができるため、年々採用が広がっている。同社は1989年に本格参入し、現在は信越化学工業の製品を販売している。(引用:日経ネット九州版)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表
  2. カネボウ化粧品、バラの香りの秘密解明 高級香水が身近に?
  3. ノーベル化学賞・下村さん帰国
  4. ナフサ、25年ぶり高値・4―6月国産価格
  5. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  6. 第7回ImPACT記者懇親会が開催
  7. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  8. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?
  2. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton
  3. ワサビ辛み成分受容体を活性化する新規化合物
  4. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  5. 耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW
  6. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫:「コクヨのペーパーナイフ」の巻
  7. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【終了】
  8. 中学入試における化学を調べてみた 2013
  9. フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)
  10. edXで京都大学の無料講義配信が始まる!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

構造化学の研究を先導する100万件のビッグデータ

Cambridge Structural Databaseに収録された結晶構造が100万件に到達し,…

高校教科書に研究が載ったはなし

高校高学年向け化学の教科書が2019年度から新しくなりました。その作成の一部に関わる貴重な体験ができ…

発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

A novel class of radiopharmaceuticals has proven…

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP