[スポンサーリンク]

ケムステニュース

サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産

?中堅農薬メーカーのサンケイ化学は、害虫防除に使うフェロモン剤を自社生産する。従来はチューブ状の他社製品を販売していたが、製剤を散布しやすい粒状に加工することに成功、製造設備を導入した。同社によると粒状の製品は業界で初めてという。公的機関の試験結果を待って、2007年春をめどに販売を始める。初年度に1億円の売り上げを目指す。

 フェロモン剤は害虫の交尾を阻害するために雄の虫を誘引するもので、少量の散布で雄が雌の位置を特定できない交信かく乱状態にする。作物や環境への影響が少なく農薬の使用量も減らすことができるため、年々採用が広がっている。同社は1989年に本格参入し、現在は信越化学工業の製品を販売している。(引用:日経ネット九州版)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ
  2. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!
  3. 化学物質研究機構、プロテオーム解析用超高感度カラム開発
  4. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される…
  5. H-1B ビザの取得が難しくなる!?
  6. 三井化学、出光興産と有機EL材料の協業体制構築で合意
  7. 国際化学オリンピックで今年も好成績!
  8. アミンの新合成法

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method
  2. オレフィンメタセシス Olefin Metathesis
  3. 立体選択的なスピロ環の合成
  4. 第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場
  5. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  6. 研究者のためのCG作成術③(設定編)
  7. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化
  8. セブンシスターズについて① ~世を統べる資源会社~
  9. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  10. 有機合成化学協会誌2017年11月号:オープンアクセス・英文号!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP