[スポンサーリンク]

ケムステニュース

サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産

?中堅農薬メーカーのサンケイ化学は、害虫防除に使うフェロモン剤を自社生産する。従来はチューブ状の他社製品を販売していたが、製剤を散布しやすい粒状に加工することに成功、製造設備を導入した。同社によると粒状の製品は業界で初めてという。公的機関の試験結果を待って、2007年春をめどに販売を始める。初年度に1億円の売り上げを目指す。

 フェロモン剤は害虫の交尾を阻害するために雄の虫を誘引するもので、少量の散布で雄が雌の位置を特定できない交信かく乱状態にする。作物や環境への影響が少なく農薬の使用量も減らすことができるため、年々採用が広がっている。同社は1989年に本格参入し、現在は信越化学工業の製品を販売している。(引用:日経ネット九州版)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  2. 持田製薬、創薬研究所を新設
  3. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  4. 虫歯退治に3種の抗菌薬
  5. 大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に
  6. サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表
  7. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシッ…
  8. 保護により不斉を創る

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大学・Erker研より
  2. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!
  3. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場
  4. 高分子の合成(上)(下)
  5. 細孔内単分子ポリシラン鎖の特性解明
  6. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduction
  7. 【追悼企画】化学と生物で活躍できる化学者ーCarlos Barbas教授
  8. Nitrogen Enriched Gasoline・・・って何だ?
  9. Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals
  10. HOW TO 分子シミュレーション―分子動力学法、モンテカルロ法、ブラウン動力学法、散逸粒子動力学法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP