[スポンサーリンク]


2005年 4月 12日

  1. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質

    林原生物化学研究所(岡山市)は11日、ビタミンPの一種に糖を結合させた物質に、血液中の中性脂肪を減らす作用を確認したと発表した。現在も食品の原料に使われているが、動脈硬化予防に役立つとして医薬品などへの応用も検討する。  ビタミンPは血…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 細胞を模倣したコンピューター制御可能なリアクター
  2. 鉄とヒ素から広がる夢の世界
  3. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム
  4. 糖鎖を化学的に挿入して糖タンパク質を自在に精密合成
  5. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe
  6. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ
  7. ひらめききらめく:/1 「創」のとき、夢の鼓動 /北海道

注目情報

最新記事

経験の浅い医療系技術者でも希望にかなう転職を実現。 専門性の高い職種にこそ求められる「ビジョンマッチング」

「人財躍動化」をビジョンに掲げるAdecco Group Japanの人財紹介事業ブランドSprin…

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑦〜博士,鍵反応を仕込む〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発

第 382回のスポットライトリサーチは、金沢大学大学院 医薬保健総合研究科 創薬科学…

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

PAGE TOP