[スポンサーリンク]

D

ダキン・ウェスト反応 Dakin-West Reaction

 

概要

α-アミノ酸と酸無水物から、脱炭酸を伴いα-アシルアミノケトンを合成する手法。

 

基本文献

  • Dakin, H. D.; West, R. J. Biol. Chem. 192878, 91, 745, 757.

Review

  • Buchanan, G. L. Chem. Soc. Rev. 198817, 91-109.
  • Hoefle, G.; Steglich, W.; Vorbrueggen, H. Angew. Chem., Int. Ed. Engl. 197817, 569.
  • Knorr, R.; Huisgen, R. Chem. Ber. 1970103, 2598.

 

開発の歴史

Henry DarkinとRudolf Westらによって1928年に報告された。実はDarkinとWestらよりも前に、LeveneとSteigerらによって、同様な反応は報告されていたが、生成物の構造決定に時間がかかり、人名反応としてはDarkinとWestのものが採用された。

 

反応機構

dakin_west_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. マーティンスルフラン Martin’s Sulfur…
  2. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chir…
  3. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  4. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  5. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost…
  6. MAC試薬 MAC Reagent
  7. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxind…
  8. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 東京大学理学部 化学教室
  2. 「株式会社未来創薬研究所」を設立
  3. 高い発光性を示すヘリセンの迅速的合成
  4. 今年も出ます!!サイエンスアゴラ2015
  5. 光延反応 Mitsunobu Reaction
  6. 入江 正浩 Masahiro Irie
  7. 米デュポン、原料高騰で製品値上げ
  8. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製
  9. 「抗炎症」と「抗酸化」組み合わせ脱毛抑制効果を増強
  10. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP