[スポンサーリンク]


2009年 7月 27日

  1. ジョン・スティル John K. Stille

    ジョン・ケネス・スティル(John Kenneth Stille、1930年5月8日-1989年7月19日)は、アメリカの有機化学者である。米コロラド州立大学教授(写真:About the Stille Symposium、左はStil…

  2. 熊田 誠 Makoto Kumada

    熊田 誠 (くまだ まこと、1920年1月17日 - 2007年6月28日)は、日本の有機化学者…

  3. 根岸 英一 Eiichi Negishi

    根岸英一 (ねぎし えいいち、1935年7月14日-2021年6月6日)は、アメリカ在住の有機化学者…

  4. 細野 秀雄 Hideo Hosono

    細野 秀雄(ほその ひでお、1953年9月7日-)は、日本の無機化学者・電気化学…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 未来を拓く多彩な色素材料
  2. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  3. 中国へ講演旅行へいってきました①
  4. デスソース
  5. クラブトリー触媒 Crabtree’s Catalyst
  6. 有機フォトレドックス触媒による酸化還元電位を巧みに制御した[2+2]環化付加反応
  7. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek

注目情報

最新記事

トンネル構造をもつマンガン酸化物超微粒子触媒を合成

第409回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 材料系 原・鎌田研究室に在籍されて…

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

Tshozoです。先月このような論文がNature本誌に発表されました。窒素固定と言えばやはり筆…

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

PAGE TOP