[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジョン・スティル John K. Stille

[スポンサーリンク]

ジョン・ケネス・スティル(John Kenneth Stille、1930年5月8日-1989年7月19日)は、アメリカの有機化学者である。米コロラド州立大学教授(写真:About the Stille Symposium、左はStille教授、右は妻のDolores)。

経歴

1930年 アリゾナ生まれ。

1952 アリゾナ大学 卒業
1953 アリゾナ大学 修士号取得
1957 イリノイ大学 博士号取得
1957 アイオワ大学に勤務
1965 アイオワ大学 教授
1977 コロラド州立大学 教授

 

受賞歴

1974 William H. Rauscher Memorial Lecturer
1979 Gossett Lecturer
1980 Case Centennial Scholar
1982 ACS Award in Polymer Chemistry
1988 ACS Colorado Section Award
1989 Arthur C. Cope Scholar Award

 

研究概要

有機スズ化合物を用いるクロスカップリング反応の開発

x-ene-25.gif

現在では右田-小杉-Stilleクロスカップリングという人名反応として知られている反応を開発。

有毒な有機スズ化合物を当量用いなくてはならない欠点はあるが、他のクロスカップリングよりも穏和な条件で進むために、現在でも天然物全合成研究など、複雑化合物合成の分野ではよく用いられている。

 

名言集

 

コメント&その他

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 上村 大輔 Daisuke Uemura
  2. 硤合 憲三 Kenso Soai
  3. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  4. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  5. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  6. 小松紘一 Koichi Komatsu
  7. クリストファー・チャン Christopher J. Chang…
  8. 吉良 満夫 Mitsuo Kira

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  2. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  3. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(4-tert-ブチル-2-オキサゾリン):(S,S)-(-)-2,2′-Isopropylidenebis(4-tert-butyl-2-oxazoline)
  4. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  5. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  6. 化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する
  7. 中村栄一 Eiichi Nakamura
  8. 続・日本発化学ジャーナルの行く末は?
  9. 究極の黒を炭素材料で作る
  10. ハニートラップに対抗する薬が発見される?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP