[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

熊田 誠 Makoto Kumada

[スポンサーリンク]

熊田 誠 (くまだ まこと、1920年1月17日 – 2007年6月28日)は、日本の有機化学者である。京都大学名誉教授 (写真:titech.ac.jp)。

経歴

1920年1月17日 福井県小浜市に生まれる。

1943 京都帝国大学工学部工業化学科 卒業
1943 東京芝浦電気株式会社 入社
1950 大阪市立大学理工学部 助手
1951 大阪市立大学理工学部 講師
1952 大阪市立大学理工学部 助教授
1956 大阪市立大学理工学部 教授
1962 京都大学工学部 教授
1983 京都大学定年退官、京都大学名誉教授

 

受賞歴

1967 ACS F. S. Kipping 賞
1974 有機合成化学協会賞
1994 恩賜賞・日本学士院賞
1996 有機合成化学協会特別賞

 

研究概要

有機ケイ素化学に関する研究

日本の有機ケイ素化学における開祖の一人。

 

熊田-玉尾-Corriuクロスカップリング反応の開発

kumada_tamao_1.gif

ニッケルもしくはパラジウム触媒存在下において、アリールハライドとGrignard試薬を反応させ、炭素-炭素結合を形成する反応を開発。近年では熊田-玉尾-Corriuクロスカップリングとして知られる人名反応となっている。sp2-sp2炭素結合を効果的に形成させる一般的概念となったクロスカップリング反応の原初報告であり、ノーベル賞級の発見としても名高い。

 

名言集

コメント&その他

  1. クロスカップリング反応を世界に先駆けて発見した業績によって、ノーベル賞の呼び声も高い科学者であったものの、2007年に逝去。ノーベル賞は故人に与えられることがないため、急逝は大変惜しまれる。

 

関連動画

 

関連文献

関連書籍

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 森田浩介 Kosuke Morita
  2. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterj…
  3. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton
  4. サン・タン San H. Thang
  5. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  6. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye
  7. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  8. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 近赤外光を吸収する有機分子集合体の発見
  2. 夏本番なのに「冷たい炭酸」危機?液炭・ドライアイスの需給不安膨らむ
  3. 2013年ケムステ人気記事ランキング
  4. 後発医薬品、相次ぎ発売・特許切れ好機に
  5. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充
  6. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体
  7. 2014年ノーベル化学賞・物理学賞解説講演会
  8. 新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見
  9. 「自分の意見を言える人」がしている3つのこと
  10. カテラニ反応 Catellani Reaction

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授

第143回の化学者インタビューは、ノンジャン・タオ教授です。アリゾナ州立大学バイオデザイン研究所バイ…

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP