[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

熊田 誠 Makoto Kumada

[スポンサーリンク]

熊田 誠 (くまだ まこと、1920年1月17日 – 2007年6月28日)は、日本の有機化学者である。京都大学名誉教授 (写真:titech.ac.jp)。

経歴

1920年1月17日 福井県小浜市に生まれる。

1943 京都帝国大学工学部工業化学科 卒業
1943 東京芝浦電気株式会社 入社
1950 大阪市立大学理工学部 助手
1951 大阪市立大学理工学部 講師
1952 大阪市立大学理工学部 助教授
1956 大阪市立大学理工学部 教授
1962 京都大学工学部 教授
1983 京都大学定年退官、京都大学名誉教授

 

受賞歴

1967 ACS F. S. Kipping 賞
1974 有機合成化学協会賞
1994 恩賜賞・日本学士院賞
1996 有機合成化学協会特別賞

 

研究概要

有機ケイ素化学に関する研究

日本の有機ケイ素化学における開祖の一人。

 

熊田-玉尾-Corriuクロスカップリング反応の開発

kumada_tamao_1.gif

ニッケルもしくはパラジウム触媒存在下において、アリールハライドとGrignard試薬を反応させ、炭素-炭素結合を形成する反応を開発。近年では熊田-玉尾-Corriuクロスカップリングとして知られる人名反応となっている。sp2-sp2炭素結合を効果的に形成させる一般的概念となったクロスカップリング反応の原初報告であり、ノーベル賞級の発見としても名高い。

 

名言集

コメント&その他

  1. クロスカップリング反応を世界に先駆けて発見した業績によって、ノーベル賞の呼び声も高い科学者であったものの、2007年に逝去。ノーベル賞は故人に与えられることがないため、急逝は大変惜しまれる。

 

関連動画

 

関連文献

関連書籍

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon
  2. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  3. 日本国際賞―受賞化学者一覧
  4. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  5. 村井 眞二 Shinji Murai
  6. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  7. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich
  8. 国武 豊喜 Toyoki Kunitake

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される
  2. コエンザイムQ10 /coenzyme Q10
  3. ダイヤモンドは砕けない
  4. 有機の王冠
  5. 花粉症対策の基礎知識
  6. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  7. 変異体鏡像Rasタンパクの化学全合成
  8. エッシェンモーザーカップリング Eschenmoser Coupling
  9. 第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士
  10. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP