[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

熊田 誠 Makoto Kumada

熊田 誠 (くまだ まこと、1920年1月17日 – 2007年6月28日)は、日本の有機化学者である。京都大学名誉教授 (写真:titech.ac.jp)。

経歴

1920年1月17日 福井県小浜市に生まれる。

1943 京都帝国大学工学部工業化学科 卒業
1943 東京芝浦電気株式会社 入社
1950 大阪市立大学理工学部 助手
1951 大阪市立大学理工学部 講師
1952 大阪市立大学理工学部 助教授
1956 大阪市立大学理工学部 教授
1962 京都大学工学部 教授
1983 京都大学定年退官、京都大学名誉教授

 

受賞歴

1967 ACS F. S. Kipping 賞
1974 有機合成化学協会賞
1994 恩賜賞・日本学士院賞
1996 有機合成化学協会特別賞

 

研究概要

有機ケイ素化学に関する研究

日本の有機ケイ素化学における開祖の一人。

 

熊田-玉尾-Corriuクロスカップリング反応の開発

kumada_tamao_1.gif

ニッケルもしくはパラジウム触媒存在下において、アリールハライドとGrignard試薬を反応させ、炭素-炭素結合を形成する反応を開発。近年では熊田-玉尾-Corriuクロスカップリングとして知られる人名反応となっている。sp2-sp2炭素結合を効果的に形成させる一般的概念となったクロスカップリング反応の原初報告であり、ノーベル賞級の発見としても名高い。

 

名言集

コメント&その他

  1. クロスカップリング反応を世界に先駆けて発見した業績によって、ノーベル賞の呼び声も高い科学者であったものの、2007年に逝去。ノーベル賞は故人に与えられることがないため、急逝は大変惜しまれる。

 

関連動画

 

関連文献

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  2. ウェルチ化学賞・受賞者一覧
  3. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  4. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl
  5. 水島 公一 Koichi Mizushima
  6. 前田 浩 Hiro Maeda
  7. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  8. 中村 修二 Shuji Nakamura

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナノってなんナノ?~日本発の極小材料を集めてみました~
  2. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile Synthesis
  3. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授
  4. 人工タンパク質ナノブロックにより自己組織化ナノ構造を創る
  5. メンデレーエフ空港
  6. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle
  7. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  8. 歯車クラッチを光と熱で制御する分子マシン
  9. 化学企業のグローバル・トップ50
  10. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

この度、関東化学株式会社は水分1ppm以下を保証する脱水溶媒を発売開始致します。この水分保証…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP