[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

[スポンサーリンク]

ブラッドリー・L・ペンテルート (Bradley L. Pentelute、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者である。マサチューセッツ工科大学 助教授。(写真:MIT Chemistry)

経歴

200x 南カリフォルニア大学 卒業
200x シカゴ大学 博士号取得(Steve Kent教授)
200x ハーバードメディカルスクール 博士研究員(John Collier教授)
2011-現在 マサチューセッツ工科大学 助教授

受賞歴

2013 Damon Runyon-Rachleff Innovation Award
2013 Young Chemical Biologist Award
2013 Sontag Distinguished Scientist Award
2014 NSF Career Award
2015 Alfred P. Sloan Fellowship

研究概要

新規タンパク質修飾反応の開発

アミノ酸選択的なタンパク質アリール化反応[1,2]などを基軸として様々な修飾タンパク質・ペプチド化合物へとアプローチ出来る方法論を開発している。

画像:Pentelute Lab

関連動画

参考文献

  1. (a) Spokoyny, A. M.; Zou, Y.; Ling, J. J.; Yu, H.; Lin, Y.-S.; Pentelute, B. L.  J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 5946. DOI: 10.1021/ja400119t (b) Zhang,C.; Welborn,M.; Zhu, T.; Yang, N. J.; Santos, M. S.; Voorhis, T. V.; Pentelute, B. L. Nat. Chem. 2016, 8, 120. doi:10.1038/nchem.2413
  2. Vinogradova, E. V.; Zhang, C.; Spokoyny, A. M.; Pentelute, B. L.; Buchwald, S. L. Nature 2015, 526, 687. doi:10.1038/nature15739

ケムステ内関連記事

関連リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 吉良 満夫 Mitsuo Kira
  2. エチオ・リザード Ezio Rizzardo
  3. マット・シグマン Matthew S. Sigman
  4. 森本 正和 Masakazu Morimoto
  5. 文化勲章・受章化学者一覧
  6. 新海征治 Seiji Shinkai
  7. 中村 修二 Shuji Nakamura
  8. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Wiiで育てる科学の心
  2. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  3. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  4. ケムステ主催バーチャルシンポジウム「最先端有機化学」を開催します!
  5. 菅裕明 Hiroaki Suga
  6. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で新設
  7. 磁気ナノ粒子でガン細胞を選別する
  8. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り
  9. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefination
  10. 元素手帳 2018

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP