[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

[スポンサーリンク]

ブラッドリー・L・ペンテルート (Bradley L. Pentelute、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者である。マサチューセッツ工科大学 助教授。(写真:MIT Chemistry)

経歴

200x 南カリフォルニア大学 卒業
200x シカゴ大学 博士号取得(Steve Kent教授)
200x ハーバードメディカルスクール 博士研究員(John Collier教授)
2011-現在 マサチューセッツ工科大学 助教授

受賞歴

2013 Damon Runyon-Rachleff Innovation Award
2013 Young Chemical Biologist Award
2013 Sontag Distinguished Scientist Award
2014 NSF Career Award
2015 Alfred P. Sloan Fellowship

研究概要

新規タンパク質修飾反応の開発

アミノ酸選択的なタンパク質アリール化反応[1,2]などを基軸として様々な修飾タンパク質・ペプチド化合物へとアプローチ出来る方法論を開発している。

画像:Pentelute Lab

関連動画

参考文献

  1. (a) Spokoyny, A. M.; Zou, Y.; Ling, J. J.; Yu, H.; Lin, Y.-S.; Pentelute, B. L.  J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 5946. DOI: 10.1021/ja400119t (b) Zhang,C.; Welborn,M.; Zhu, T.; Yang, N. J.; Santos, M. S.; Voorhis, T. V.; Pentelute, B. L. Nat. Chem. 2016, 8, 120. doi:10.1038/nchem.2413
  2. Vinogradova, E. V.; Zhang, C.; Spokoyny, A. M.; Pentelute, B. L.; Buchwald, S. L. Nature 2015, 526, 687. doi:10.1038/nature15739

ケムステ内関連記事

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Corey系譜β版
  2. 黒田 玲子 Reiko Kuroda
  3. リチャード・ホルム Richard H. Holm
  4. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib
  5. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifiel…
  6. ロナルド・ブレズロウ賞・受賞者一覧
  7. 日本国際賞―受賞化学者一覧
  8. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・前編]
  2. A値(A value)
  3. 第2回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  4. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④
  6. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?
  7. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-1
  8. フタロシアニン phthalocyanine
  9. 大学の講義を無料聴講! Academic Earth & Youtube EDU
  10. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP