[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

ブラッドリー・L・ペンテルート (Bradley L. Pentelute、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者である。マサチューセッツ工科大学 助教授。(写真:MIT Chemistry)

経歴

200x 南カリフォルニア大学 卒業
200x シカゴ大学 博士号取得(Steve Kent教授)
200x ハーバードメディカルスクール 博士研究員(John Collier教授)
2011-現在 マサチューセッツ工科大学 助教授

受賞歴

2013 Damon Runyon-Rachleff Innovation Award
2013 Young Chemical Biologist Award
2013 Sontag Distinguished Scientist Award
2014 NSF Career Award
2015 Alfred P. Sloan Fellowship

研究概要

新規タンパク質修飾反応の開発

アミノ酸選択的なタンパク質アリール化反応[1,2]などを基軸として様々な修飾タンパク質・ペプチド化合物へとアプローチ出来る方法論を開発している。

画像:Pentelute Lab

関連動画

参考文献

  1. (a) Spokoyny, A. M.; Zou, Y.; Ling, J. J.; Yu, H.; Lin, Y.-S.; Pentelute, B. L.  J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 5946. DOI: 10.1021/ja400119t (b) Zhang,C.; Welborn,M.; Zhu, T.; Yang, N. J.; Santos, M. S.; Voorhis, T. V.; Pentelute, B. L. Nat. Chem. 2016, 8, 120. doi:10.1038/nchem.2413
  2. Vinogradova, E. V.; Zhang, C.; Spokoyny, A. M.; Pentelute, B. L.; Buchwald, S. L. Nature 2015, 526, 687. doi:10.1038/nature15739

ケムステ内関連記事

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau
  2. 黎书华 Shuhua Li
  3. 京都賞―受賞化学者一覧
  4. 藤田 誠 Makoto Fujita
  5. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  6. テオ・グレイ Theodore Gray
  7. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Ki…
  8. 熊田 誠 Makoto Kumada

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof
  2. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④(解答編)
  4. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成
  5. 水分解反応のしくみを観測ー人工光合成触媒開発へ前進ー
  6. かぶれたTシャツ、原因は塩化ジデシルジメチルアンモニウム
  7. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ
  8. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.
  9. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh
  10. V字型分子が実現した固体状態の優れた光物性

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP