[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

ブラッドリー・L・ペンテルート (Bradley L. Pentelute、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者である。マサチューセッツ工科大学 助教授。(写真:MIT Chemistry)

経歴

200x 南カリフォルニア大学 卒業
200x シカゴ大学 博士号取得(Steve Kent教授)
200x ハーバードメディカルスクール 博士研究員(John Collier教授)
2011-現在 マサチューセッツ工科大学 助教授

受賞歴

2013 Damon Runyon-Rachleff Innovation Award
2013 Young Chemical Biologist Award
2013 Sontag Distinguished Scientist Award
2014 NSF Career Award
2015 Alfred P. Sloan Fellowship

研究概要

新規タンパク質修飾反応の開発

アミノ酸選択的なタンパク質アリール化反応[1,2]などを基軸として様々な修飾タンパク質・ペプチド化合物へとアプローチ出来る方法論を開発している。

画像:Pentelute Lab

関連動画

参考文献

  1. (a) Spokoyny, A. M.; Zou, Y.; Ling, J. J.; Yu, H.; Lin, Y.-S.; Pentelute, B. L.  J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 5946. DOI: 10.1021/ja400119t (b) Zhang,C.; Welborn,M.; Zhu, T.; Yang, N. J.; Santos, M. S.; Voorhis, T. V.; Pentelute, B. L. Nat. Chem. 2016, 8, 120. doi:10.1038/nchem.2413
  2. Vinogradova, E. V.; Zhang, C.; Spokoyny, A. M.; Pentelute, B. L.; Buchwald, S. L. Nature 2015, 526, 687. doi:10.1038/nature15739

ケムステ内関連記事

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  2. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Wo…
  3. フランク・グローリアス Frank Glorius
  4. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  5. 岸 義人 Yoshito Kishi
  6. 細野 秀雄 Hideo Hosono
  7. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter
  8. フェン・チャン Feng Zhang

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  2. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  3. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編
  4. 田辺シリル剤
  5. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  6. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  7. 化学でもフェルミ推定
  8. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  9. 中谷宇吉郎 雪の科学館
  10. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingold

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP