[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute

ブラッドリー・L・ペンテルート (Bradley L. Pentelute、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者である。マサチューセッツ工科大学 助教授。(写真:MIT Chemistry)

経歴

200x 南カリフォルニア大学 卒業
200x シカゴ大学 博士号取得(Steve Kent教授)
200x ハーバードメディカルスクール 博士研究員(John Collier教授)
2011-現在 マサチューセッツ工科大学 助教授

受賞歴

2013 Damon Runyon-Rachleff Innovation Award
2013 Young Chemical Biologist Award
2013 Sontag Distinguished Scientist Award
2014 NSF Career Award
2015 Alfred P. Sloan Fellowship

研究概要

新規タンパク質修飾反応の開発

アミノ酸選択的なタンパク質アリール化反応[1,2]などを基軸として様々な修飾タンパク質・ペプチド化合物へとアプローチ出来る方法論を開発している。

画像:Pentelute Lab

関連動画

参考文献

  1. (a) Spokoyny, A. M.; Zou, Y.; Ling, J. J.; Yu, H.; Lin, Y.-S.; Pentelute, B. L.  J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 5946. DOI: 10.1021/ja400119t (b) Zhang,C.; Welborn,M.; Zhu, T.; Yang, N. J.; Santos, M. S.; Voorhis, T. V.; Pentelute, B. L. Nat. Chem. 2016, 8, 120. doi:10.1038/nchem.2413
  2. Vinogradova, E. V.; Zhang, C.; Spokoyny, A. M.; Pentelute, B. L.; Buchwald, S. L. Nature 2015, 526, 687. doi:10.1038/nature15739

ケムステ内関連記事

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  2. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  3. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  4. エド・ボイデン Edward Boyden
  5. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  6. ジェイ・キースリング Jay Keasling
  7. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  8. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  2. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加
  3. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII
  4. 3.11 14:46 ②
  5. 銀イオンクロマトグラフィー
  6. 奇妙奇天烈!植物共生菌から「8の字」型の環を持つ謎の糖が発見
  7. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  8. 第15回光学活性シンポジウム
  9. ジアゾメタン diazomethane
  10. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP