[スポンサーリンク]


2010年 11月 24日

  1. 色素増感太陽電池の 実用化に向けたモジュール製造/セル作製技術【終了】

    日時        : 2010年11月24日(水) 10:00~16:10会場        : 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO) 6F C会議室≪会場地図はこちら≫受講料     :(税込) 47…

  2. 化学研究ライフハック:情報収集の機会損失を減らす「Read It Later」

    化学の世界もすっかりIT化が進みましたが、iPhoneやXperiaなどに代表されるスマートフォンの…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 抽出精製型AJIPHASE法の開発
  2. ヒュッケル法(後編)~Excelでフラーレンの電子構造を予測してみた!~
  3. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材
  4. マイクロ波プロセスの工業化 〜環境/化学・ヘルスケア・電材領域での展開と効果〜(1)
  5. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ
  6. ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?
  7. 次世代の産学連携拠点「三井リンクラボ柏の葉」を訪問しました!

注目情報

最新記事

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP