[スポンサーリンク]


2010年 12月 20日

  1. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

    クラウス・ビーマン(Klaus Biemann、1926年xx月xx日(インスブルグ,オーストリア生)-)は、アメリカの分析化学者である。米マサチューセッツ工科大学 名誉教授(写真:web.mit.edu/newsoffice)。…

  2. シクロプロパンの数珠つなぎ

    (構造図は論文より)今回はアイヴィーアン(Ivyane)と呼ばれる化合物を紹介しましょう。…

  3. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan

    ダグラス・W・ステファン (Douglas W. Stephan、1953年7月27…

  4. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida

    吉田潤一(よしだ じゅんいち、1952年11月13日-2019年9月14日)は、日本の有機化学者であ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ペプチドの革新的合成
  2. 超一流誌による論文選定は恣意的なのか?
  3. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
  4. アメリカで Ph.D. を取る –結果発表ーッの巻–
  5. パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた
  6. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  7. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxyethyl)-N-(4-nitrophenyl)-10,9-(epoxyimino)anthracene-12-carboxamide

注目情報

最新記事

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

PAGE TOP