[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クラウス・ビーマン Klaus Biemann

[スポンサーリンク]

クラウス・ビーマン(Klaus Biemann、1926年xx月xx日(インスブルグ,オーストリア生)-)は、アメリカの分析化学者である。米マサチューセッツ工科大学 名誉教授(写真:web.mit.edu/newsoffice)。

経歴

1951 Innsbruck大学 博士号取得
1955 マサチューセッツ工科大学

 

受賞歴

1962 Stas Medal
1973 Powers Award
1977 NASA Exceptional Scientific Achievement Medal
1977 Fritz Pregl Medal
1978 Newcomb-Cleveland Prize
1991 Thomson Medal
1992 Pehr Edman Award
2001 ACS Analytical Chemistry Award
2007 ベンジャミンフランクリンメダル

 

研究概要

質量分析器を用いる構造解析法の発達に寄与。

フラグメンテーションパターンから、複雑有機化合物・タンパク質などの構造に関する知見を得る。特にビンブラスチン・ビンクリスチンなどの複雑アルカロイドや視覚タンパクであるバクテリオロドプシンの構造解析における功績は大きい。

またガスクロマトグラフィと質量分析器を組み合わせたGC-MSの発展にも寄与した。

 

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

Klaus Biemann – Wikipedia

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  2. ヨアヒム・フランク Joachim Frank
  3. エリック・カレイラ Erick M. Carreira
  4. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk
  5. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  6. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora
  7. トーマス・トーレス Tomas Torres
  8. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。
  2. カンファー(camphor)
  3. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition
  4. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction
  5. 【太陽ホールディングス】新卒採用情報(2022卒)
  6. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ
  7. 来年は世界化学年:2011年は”化学の年”!
  8. ニトログリセリン / nitroglycerin
  9. Reaxys PhD Prize 2020募集中!
  10. 第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

ダイセル発、にんにく由来の機能性表示食品「S-アリルシステイン」

株式会社ダイセルは、カラダの疲れを感じている方のための機能性表示食品「S-アリルシステイン」を消費者…

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP