[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クラウス・ビーマン Klaus Biemann

[スポンサーリンク]

クラウス・ビーマン(Klaus Biemann、1926年xx月xx日(インスブルグ,オーストリア生)-)は、アメリカの分析化学者である。米マサチューセッツ工科大学 名誉教授(写真:web.mit.edu/newsoffice)。

経歴

1951 Innsbruck大学 博士号取得
1955 マサチューセッツ工科大学

 

受賞歴

1962 Stas Medal
1973 Powers Award
1977 NASA Exceptional Scientific Achievement Medal
1977 Fritz Pregl Medal
1978 Newcomb-Cleveland Prize
1991 Thomson Medal
1992 Pehr Edman Award
2001 ACS Analytical Chemistry Award
2007 ベンジャミンフランクリンメダル

 

研究概要

質量分析器を用いる構造解析法の発達に寄与。

フラグメンテーションパターンから、複雑有機化合物・タンパク質などの構造に関する知見を得る。特にビンブラスチン・ビンクリスチンなどの複雑アルカロイドや視覚タンパクであるバクテリオロドプシンの構造解析における功績は大きい。

またガスクロマトグラフィと質量分析器を組み合わせたGC-MSの発展にも寄与した。

 

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

Klaus Biemann – Wikipedia

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マット・シェア Matthew D. Shair
  2. デニス・ホール Dennis G. Hall
  3. 岩村 秀 Hiizu Iwamura
  4. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  5. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute…
  6. 鈴木 章 Akira Suzuki
  7. 野崎 一 Hitoshi Nozaki
  8. 有機合成化学特別賞―受賞者一覧

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御
  2. AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~
  3. 浜地 格 Itaru Hamachi
  4. 香りの化学2
  5. Post-Itのはなし ~吸盤ではない 2~
  6. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH
  7. スチュアート・ライス Stuart A. Rice
  8. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか
  9. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  10. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

偽造ウイスキーをボトルに入れたまま判別する手法が開発される

スコッチ・ウイスキーは世界中の多くの人々に愛されていますが、近年ではビンテージもののスコッチ・ウイス…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

ノーベル賞の発表も来週に迫っていますし、後期も始まりますね。10月から新しく始まるシーズンに、どこと…

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP