[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クラウス・ビーマン Klaus Biemann

[スポンサーリンク]

クラウス・ビーマン(Klaus Biemann、1926年xx月xx日(インスブルグ,オーストリア生)-)は、アメリカの分析化学者である。米マサチューセッツ工科大学 名誉教授(写真:web.mit.edu/newsoffice)。

経歴

1951 Innsbruck大学 博士号取得
1955 マサチューセッツ工科大学

 

受賞歴

1962 Stas Medal
1973 Powers Award
1977 NASA Exceptional Scientific Achievement Medal
1977 Fritz Pregl Medal
1978 Newcomb-Cleveland Prize
1991 Thomson Medal
1992 Pehr Edman Award
2001 ACS Analytical Chemistry Award
2007 ベンジャミンフランクリンメダル

 

研究概要

質量分析器を用いる構造解析法の発達に寄与。

フラグメンテーションパターンから、複雑有機化合物・タンパク質などの構造に関する知見を得る。特にビンブラスチン・ビンクリスチンなどの複雑アルカロイドや視覚タンパクであるバクテリオロドプシンの構造解析における功績は大きい。

またガスクロマトグラフィと質量分析器を組み合わせたGC-MSの発展にも寄与した。

 

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

Klaus Biemann – Wikipedia

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura
  2. ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera
  3. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan
  4. ピーター・ジーバーガー Peter H. Seeberger
  5. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  6. 天野 浩 Hiroshi Amano
  7. 山本明夫 Akio Yamamoto
  8. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH
  2. 資金洗浄のススメ~化学的な意味で~
  3. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  4. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  5. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation
  6. ゲームを研究に応用? タンパク質の構造計算ゲーム「Foldit」
  7. 新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見
  8. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  9. 化学探偵Mr.キュリー9
  10. ペラミビル / Peramivir

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

橘 熊野 Yuya Tachibana

橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学…

「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授

第39回となる研究者へのインタビュー。今回インタビューをお願いしたのは、沼田圭司先生。生体高…

トンネル効果が支配する有機化学反応

ケムステ海外研究記の第35回目は、Justus Liebig University Giessen(…

沼田 圭司 Keiji Numata

沼田 圭司 (ぬまた けいじ、1980年-)は、日本の化学者である。専門は高分子の生合成と分解。20…

第二回ケムステVシンポ「光化学へようこそ!」開催報告

こんにちは、Spectol21です。2020年5月15日 17時より、#ケムステVシンポ 「…

長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa

長谷川靖哉(はせがわやすちか)は、日本の化学者である (写真はこちらより引用)。専門は希土類元素を利…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP