[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クラウス・ビーマン Klaus Biemann

[スポンサーリンク]

クラウス・ビーマン(Klaus Biemann、1926年xx月xx日(インスブルグ,オーストリア生)-)は、アメリカの分析化学者である。米マサチューセッツ工科大学 名誉教授(写真:web.mit.edu/newsoffice)。

経歴

1951 Innsbruck大学 博士号取得
1955 マサチューセッツ工科大学

 

受賞歴

1962 Stas Medal
1973 Powers Award
1977 NASA Exceptional Scientific Achievement Medal
1977 Fritz Pregl Medal
1978 Newcomb-Cleveland Prize
1991 Thomson Medal
1992 Pehr Edman Award
2001 ACS Analytical Chemistry Award
2007 ベンジャミンフランクリンメダル

 

研究概要

質量分析器を用いる構造解析法の発達に寄与。

フラグメンテーションパターンから、複雑有機化合物・タンパク質などの構造に関する知見を得る。特にビンブラスチン・ビンクリスチンなどの複雑アルカロイドや視覚タンパクであるバクテリオロドプシンの構造解析における功績は大きい。

またガスクロマトグラフィと質量分析器を組み合わせたGC-MSの発展にも寄与した。

 

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

Klaus Biemann – Wikipedia

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 山本嘉則 Yoshinori Yamamoto
  2. 岩田忠久 Tadahisa Iwata
  3. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  4. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz
  5. サン・タン San H. Thang
  6. 田中耕一 Koichi Tanaka
  7. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  8. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  2. ヤモリの足のはなし ~吸盤ではない~
  3. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」
  4. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  5. フロインターベルク・シェーンベルク チオフェノール合成 Freunderberg-Schonberg Thiophenol Synthesis
  6. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsai
  7. ゲオスミン(geosmin)
  8. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments
  9. ウッドワード・ホフマン則を打ち破る『力学的活性化』
  10. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン R2

詳細・お申込みはこちら日時令和3年 2月18日、25日(木) 基礎編        …

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解で起こる現象編~

化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレクトロ…

超合金粉末の製造方法の改善に機械学習が試行される

NIMS は、機械学習を適用することで、航空機エンジン用材料として有望な Ni-Co 基超合金の高性…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP