[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

シクロプロパンの数珠つなぎ

ivyane_1.gif

(構造図は論文[3]より)

今回はアイヴィーアン(Ivyane)と呼ばれる化合物を紹介しましょう。

これは炭素のトライアングル(シクロプロパン)が多数1,1-連結している、見た目が大変にユニークな炭化水素です。

ごく最近2つのグループから合成法が報告され、各種物性を調べることが可能になりました。


ゲッティンゲン大学ののArmin de Meijereらのアプローチ[1]は、Matterson反応を用いるものです。すなわち、以下のような有機ホウ素試薬を、リチオ化したブロモシクロプロパンと反応させて対応する多連結体を得るというものです。

ivyane_3.gifただ完全な選択的合成が不可能たる点、最終的に取れるアルコールの除去が難しい点がネックです。

ごく最近になって、オーストラリア国立大学のSherburnらが、無置換[n]アイヴィーアン(n=3~8)の合成を報告しました[2]。彼らのアプローチは、[n]デンドラレン(1,1-連結型オリゴエキソエチレン)をSimmons-Smithシクロプロパン化に伏すというもの。

ivyane_2.gifこの手法では、高収率・単工程・グラムスケールにてアイヴィーアンが得られます。これまで知られている無置換アイヴィーアンは最高でも3連結という話ですから、大幅に記録を伸ばした事になります。
彼らはデンドラレン自体の効率的合成法[3]も確立しており、なかなか面白い反応性を示すことを示してもいます。(有機化学美術館さんの記事がまとまっていますので、そちらをご参照いただければ幸いです。)

アイヴィーアンは歪みをかなりもつ化合物たる一方で、その熱安定性は意外にも高いようです。[6]アイヴィーアンは200℃まで加熱しても壊れないそうです。しかし蓄えているエネルギーそのものは大きく、[6]アイヴィーアンは単位質量当たりで、炭化水素中最高の燃焼熱を放出するとのこと。その値は単純にシクロプロパンの6倍と見積もれるそうで、主にシクロプロパンの歪エネルギー由来であることが示唆されています。こういった基礎的治験は、爆薬・燃料などの開発に向けて重要となってきます。

またアイヴィーアン類は、溶液・固体状態にて、らせん状の配座構造をとることも彼ら両名によって示されています(冒頭図)。

「Ivyane」とはSherburnによる命名ですが、らせん構造がツタ(英名Ivy)の巻きつく様子を彷彿とさせることから名付けられたようですね。

変わった構造の化合物とユニークな名称はいろいろありますが、その由来を紐解いてみるのもまた楽し、ではないでしょうか。

  • 関連書籍

 

  • 関連文献
[1] Kurahashi, T.; Kozhushkov, S. I.; Schill, H.; Meindl, K.; Ruhl, S.;  de Meijere, A. Angew. Chem., Int. Ed. 2007, 46, 6545. DOI: 10.1002/anie.200702013

[2] Bojase, G.; Nguyen, T. V.;  Payne, A. D.; Willis, A. C.; Sherburn, M. S. Chem. Sci. 2010 Advance Article. DOI: 10.1039/c0sc00500b

[3] (a) Payne, A. D.; Willis, A. C.;  Sherburn, M. S.  J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 12188. DOI: 10.1021/ja053772+ (b) Payne, A. D.; Bojase, G.; Paddon-Row, M. N.; Sherburn, M. S. Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48, 4836. DOI: 10.1002/anie.200901733.

  • 関連リンク

デンドラレンの化学 (有機化学美術館)

Dendralene  – Wikipedia

Sherburn Group

Homepage of Prof. Armin de Meijere

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 酵素の真実!?
  2. 有機合成化学協会誌2017年9月号:キラルケイ素・触媒反応・生体…
  3. 構造式の効果
  4. Kindle Paperwhiteで自炊教科書を読んでみた
  5. デュアルディスプレイDNAコード化化合物ライブラリーの改良法
  6. 日本薬学会第137年会  付設展示会ケムステキャンペーン
  7. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?
  8. ノーベル化学賞は化学者の手に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Evans Coupling
  2. 研究活動の御用達!PDF加工のためのクラウドサービス
  3. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Katsuki Asymmetric Epoxidation (Sharpless AE)
  4. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  5. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  6. 電話番号のように文献を探すーRefPapers
  7. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation
  8. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement
  9. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  10. 化学系面白サイトでちょっと一息つきましょう

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

IGZO

インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP