[スポンサーリンク]

一般的な話題

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

[スポンサーリンク]

OPRD(Organic Process Research & Development)はJACSやOrganic Lettersなどと同じ、ACS(アメリカ化学会)から発行されている論文であり、プロセス化学研究に焦点をあてている論文誌です。

今回そのOPRD誌をなんと日本プロセス化学会がジャックしました!2019年4月19日発行の4月号ですが、トップ画像のように紙も日本プロセス化学会のロゴマークとともに日の出を意識したデザインになっています。

さて、ジャックと言うと勝手にのっとったように聞こえますので、正確には特集号ですね。実際は米国化学会のOrganic Process Research & Development (OPR&D)誌のKai Ressen編集長と高橋和彦 Editorial Advisory Board(大日本住友製薬)の協力により、この特集号にいたったそうです。

Kai Ressen編集長と高橋和彦氏

 

すべてが日本発で(外国企業・大学と日本企業の共同研究もありますが、その場合も主たる投稿者は日本の企業です)、日本プロセス化学会の精神が注入された号ですね。巻頭には高橋和彦氏と佐治木 弘尚教授(現・日本プロセス化学会 会長)がコメントを述べています。

特に企業の方々が論文投稿している点が大きな特徴。最終的に266ページすべてが、日本人研究者のものとなっています。本年は7月24~26日に第4回国際シンポジウム(京都国際会館)もあるようなので、盛り上がっていますね。国際シンポジウムでは企業の研究者のみならずRobert Grubbs教授小林修教授も講演されるようです。

 

OPRDの閲覧、さらに今回の国際シンポジウムも興味があったら参加してみてはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集よ…
  2. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (2)
  3. 医薬品への新しい合成ルートの開拓 〜協働的な触媒作用を活用〜
  4. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成
  5. 近赤外光を青色の光に変換するアップコンバージョン-ナノ粒子の開発…
  6. 研究室での英語【Part 2】
  7. 海底にレアアース資源!ランタノイドは太平洋の夢を見るか
  8. 細胞の中を旅する小分子|第一回

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機化学1000本ノック【命名法編】【立体化学編】
  2. 大村 智 Satoshi Omura
  3. 窒素固定をめぐって-1
  4. 青色LED和解:中村教授「日本の司法制度は腐ってる」
  5. 相原静大教授に日本化学会賞 芳香族の安定性解明
  6. 超臨界流体 Supercritical Fluid
  7. 炭素ー炭素結合を切る触媒
  8. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction
  9. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナトリウム水和物 : Sodium Tetrakis[3,5-bis(trifluoromethyl)phenyl]borate Hydrate
  10. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに…)…

Pallambins A-Dの不斉全合成

保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP