[スポンサーリンク]


2012年 2月 15日

  1. 私が思う化学史上最大の成果-2

     さて「私が思う化学史上最大の成果」。前回の続きとなります。本書の内容は大きく4部に分かれ、本当にざっくりと記述するとA.人類がどのように肥料を得てきたか~南米硝石の争奪戦と枯渇B.Haberのラボプラント実証~Bo…

  2. BTQBT : BTQBT

    (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. はしか流行?
  2. 酸素ボンベ爆発、男性死亡 
  3. 【Q&Aシリーズ❷ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波による焼成・乾燥プロセス
  4. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  5. 無限の可能性を秘めたポリマー
  6. Kindle Paperwhiteで自炊教科書を読んでみた
  7. 研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

注目情報

最新記事

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

PAGE TOP