[スポンサーリンク]


2012年 5月 24日

  1. リチウムにビリリとしびれた芳香環

    芳香環を持つモデル化合物を用いた実験により、炭素材料を電極に用いたリチウムイオン電池が、どこまで高性能になるのか、明らかにされました。最大いくつのリチウムイオンをためられるのか、限界を迎えたときに炭素骨格はどうなるのか、その限界に迫る!?

  2. 第54回天然有機化合物討論会

    企画:第54回天然有機化合物討論会会期 :平成24年9月18日(火)~9月20日(木)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで
  2. アンモニアの安全性あれこれ
  3. GCにおける水素のキャリアガスとしての利用について
  4. ADC迅速製造装置の実現 -フローリアクタによる抗体薬物複合体の迅速合成-
  5. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】
  6. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Condensation
  7. ウーロン茶に新薬開発の夢 県立大グループが新成分発見

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP