[スポンサーリンク]


2013年 1月 03日

  1. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation

    概要カルボニル基への求核付加形式でパールフルオロアルキル基を導入するには、有機金属試薬にする必要がある。しかし多くは試薬の安定性に難があるため、実用性の高い条件はごく限られている。このため、現在でも研究開発余地の多い反応…

  2. ビオチン標識 biotin label

    ビオチンとアビジンの相互作用は、タンパク質アフィニティー精製をはじめ、生物化学の多様な場面で活躍してきました。

  3. 癸巳の年、世紀の大発見

    皆様、明けましておめでとうございます。2013年、今年の干支は癸巳(みずのと…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授
  2. モビリティ用電池の化学: リチウムイオン二次電池から燃料電池まで(CSJ:44)
  3. 緑色蛍光タンパク Green Fluorescent Protein (GFP)
  4. オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–
  5. 近くにラジカルがいるだけでベンゼンの芳香族性が崩れた!
  6. 若手研究者に朗報!? Reaxys Prizeに応募しよう
  7. 細胞の中を旅する小分子|第二回

注目情報

最新記事

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

PAGE TOP