[スポンサーリンク]


2013年 9月 24日

  1. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

    ドナルド・A・トマリア (Donald A. Tomalia、1938年x月xx日(ミシガン生)-)は、アメリカの化学者である。ミシガン中央大学教授(写真:isepp.org)。 (さらに&helli…

  2. 化学素人の化学読本

    あるところに間抜けな本読みが居りました その者は一字一句、一式一記号全て理解しないと全く先に進めなか…

  3. ヒノキチオール (hinokitiol)

    ヒノキチオールは、ヒノキ科樹木に含まれる抗菌物質。香料としても使われます。

  4. セリ科植物に含まれる生理活性成分

    イソピムピネリン(1)はフラノクマリン類の一種で,セロリやパセリなどのセリ科や,ライムや…

  5. 水素社会~アンモニアボラン~

    エネルギー源として利用されている石油は資源量に限りがあり、再利用が難しいうえ燃焼の過程で二酸化炭素や…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 非対称化合成戦略:レセルピン合成
  2. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  3. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeffe
  4. ジョアン・スタビー JoAnne Stubbe
  5. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法
  6. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidation
  7. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会

注目情報

最新記事

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

PAGE TOP