[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

スティーブン・レイ Steven V. Ley

[スポンサーリンク]

スティーブン・ヴィクター・レイ(Steven Victor Ley、19xx年xx月xx日-)は、イギリスの化学者である。英ケンブリッジ大学教授。

経歴

1972 Loughborough大学 博士号取得 (H. Heaney教授)
1972-1974 オハイオ州立大学 博士研究員 (Leo A Paquette教授)
1974-1975 インペリアルカレッジ 博士研究員(Sir Derek H. R. Barton教授)
1975-1976 インペリアルカレッジ 準講師
1976-1983 インペリアルカレッジ 講師
1983-1992 インペリアルカレッジ 教授
1992- ケンブリッジ大学 教授

兼任
1989-1992 インペリアルカレッジ 学部長
1992- ケンブリッジ大学化学科 学科長
1993- トリニティカレッジ フェロー
2000-2002 英国王立化学会(RSC) 会頭

 

受賞歴

1982 RSC Corday Morgan Medal & Prize
1983 Pfizer Academic Award
1988 RSC Tilden Lectureship & Medal
1989-1990 RSC Organic Synthesis Award
1992 RSC Pedler Lectureship, Medal & Prize
1993 RSC Simonsen Lectureship & Medal
1994 RSC Natural Product Chemistry Award
1994 Adolf Windaus Medal Georg-August University
1996 Flintoff Medal
1996 George Kenner Prize & Lectureship
1996 Paul Janssen Prize For Creativity in Organic Synthesi
1997 Bakerian Lecturer
1998 RSC Rhone-Poulenc Lectureship, Medal & Prize
1999 GlaxoWellcome Award for Outstanding Achievement in Organic Chemistry
2000 Davy Medal
2001 RSC Haworth Memorial Lectureship, Medal & Prize
2001 Medal for Innovative Science – Pfizer Global R & D
2001 August-Wilhelm-von Hofmann Medal
2003 RSC Industrially-Sponsored Award in Carbohydrate Chemistry
2003 Wolfon Merit Award
2003 Ernest Guenther Award for Natural Product Chemistry
2004 Innovation of the Year Award
2004 RSC Team    work in Innovation Award
2004 Alexander-von-Humboldt Award
2004 iChemE Award for Innovation in Applied Catalysis
2005 山田-古賀プライズ
2006 名古屋ゴールドメダル
2006 RSC Robert Robinson Award and Medal
2007 The SCI Innovation Award
2007 Paul Karrer Gold Medal
2007 Societe Francaise de Chimie, Medal on the Occasion of 150th Anniversary
2007 ACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry
2008 RSC High Throughput Drug Discovery Methodologies Award
2008 Prous Institute-Overton and Meyer Award for New Technologies in Drug Discovery
2008 Hans Heroff Inhoffen Medal
2009 Perkin Prize for Organic Chemistry
2018 Arthur C. Cope Award

 

研究概要

複雑骨格を有する天然物の全合成研究

これまで120以上の天然物の合成に成功している。

とりわけ2007年に報告された超難関天然物アザジラクチンの全合成[1]は有機合成化学におけるランドマークたり得る仕事であり、40人以上の共同研究者を率い、22年もの歳月をかけて達成した。

azadirachtin.gif

付随して数々の反応・合成メソドロジーの開発も行っている。

TPAP酸化は彼によって開発された中でも、もっとも有名かつ広く使われる反応の一つ。

tpap.h1.gif

また固相試薬・固相合成法の開拓も行っている。

名言集

 

コメント&その他

  1. イギリスの有機化学界における大御所です。
  2. 670報以上の論文を執筆。

関連動画

 

関連文献

[1] (a) Veitch, G. E.; Beckmann, E.; Burke, B. J.; Boyer,  A.; Maslen, S. L.; Ley, S. V. Angew. Chem. Int. Ed. 2007, 46, 7629. DOI:10.1002/anie.200703027 (b) Veitch, G. E.; Beckmann, E.; Burke, B. j.; Boyer, A.; Ayats, C.; Ley, S. V. Angew. Chem. Int. Ed. 2007, 46, 7633. DOI:10.1002/anie.200703027

 

関連書籍

外部リンク

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  2. トーマス・トーレス Tomas Torres
  3. Thieme-IUPAC Prize in Synthetic …
  4. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  5. Wen-Jing Xiao
  6. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  7. 小林 修 Shu Kobayashi
  8. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 今週末は「科学の甲子園」観戦しよーぜ
  2. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  3. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育
  4. 持田製薬、創薬研究所を新設
  5. ChemDrawの使い方【作図編③:表】
  6. スタチンのふるさとを訪ねて
  7. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート
  8. 「マイクロリアクター」装置化に成功
  9. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  10. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP