2014年 1月 11日

  1. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovsky Oxidation

    銅触媒とアシルパーオキシドを用いることでアリル位C-H酸化を行う手法。通常は過剰量のアルケンが必要。主生成物は末端アルケンになる。 (さらに…)…

  2. E値 Environmental(E)-factor

    廃棄物の重量(kg)を生成物の重量(kg)で割った値をE値(E-factor)と…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 秋の褒章2010-化学
  2. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬
  3. 再生医療ーChemical Times特集より
  4. 危険物に関する法令:点検・設備・保安距離
  5. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑳ドッキングステーションの巻
  6. ポンコツ博士の海外奮闘録XXIII ~博士の危険地帯サバイバル 薬物編~
  7. 超大画面ディスプレイ(シプラ)実現へ

注目情報

最新記事

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

PAGE TOP