[スポンサーリンク]

K

カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovsky Oxidation

[スポンサーリンク]

 

銅触媒とアシルパーオキシドを用いることでアリル位C-H酸化を行う手法。通常は過剰量のアルケンが必要。主生成物は末端アルケンになる。

基本文献

<Mechanism>

 

反応機構

銅と過酸から生じるオキシルラジカルがアリル位C-H結合を解裂させるというFenton反応から開始される機構が提唱されている。

Kharasch_Sosnovsky_2.gif

反応例

Taxolの合成[1]

Kharasch_Sosnovsky_4.gif

不斉触媒化の例[2]Kharasch_Sosnovsky_5.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Mukaiyama, T. et al. Chem. Eur. J. 1999, 5, 121. [abstract]
[2] Gokhale, A. S.; Minidis, A. B. E.; Pfaltz, A. Tetrahedron Lett. 1995, 36, 1831. doi:10.1016/0040-4039(95)00140-8

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidaz…
  2. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gil…
  3. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  4. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reactio…
  5. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Sol…
  6. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosyla…
  7. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  8. 野崎・檜山・岸カップリング反応 Nozaki-Hiyama-Ki…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 癸巳の年、世紀の大発見
  2. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction
  3. 富士フイルムが医薬事業に本格参入
  4. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発
  5. 投票!2013年ノーベル化学賞は誰の手に??
  6. バートン脱アミノ化 Barton Deamination
  7. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空気酸化反応
  8. ケムステが化学コミュニケーション賞2012を受賞しました
  9. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請
  10. 今冬注目の有機化学書籍3本!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP