[スポンサーリンク]

J

ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Rearrangement

 

概要

アリルアルコールにオルト酢酸エステルを作用させ、アリルビニルエーテルを系内で生成させた後、Claisen転位を行ってエステルに導く反応。

ほとんどneat条件で行え、かつ副産物も揮発性なので、合成初期の大量スケールでよく用いられる。弱酸性・加熱条件が必要。

塩基性条件・低温で行いたい場合にはIreland-Claisen転位、中性条件ではEschenmoser-Claisen転位というふうに、相補的に用いることができる。

 

基本文献

 

反応機構

ビニルエーテル形成後はClaisen転位と同じ、シグマトロピー機構。Claisen転位のバリエーションはいす型6員環遷移状態を経るため、一般に高い立体特異性が発現する。
johnson_claisen_2.gif

反応例

Merrilactone Aの合成[1] johnson_claisen_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Birman, V. B.; Danishefsky, S. J. J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 2080. DOI: 10.1021/ja012495d

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rear…
  2. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveaul…
  3. ベティ反応 Betti Reaction
  4. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction…
  5. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction…
  6. 野崎・檜山・岸カップリング反応 Nozaki-Hiyama-Ki…
  7. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  8. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hy…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson
  2. カフェイン caffeine
  3. 第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場
  4. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携
  5. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請
  6. 八島栄次 Eiji Yashima
  7. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde
  8. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen Rearrangement
  9. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(後編)~
  10. ケミストリー通り

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

スケールアップで失敗しないために

化学を長年やっている助教や博士課程の学生にとっては当たり前のことでも、学部生や修士の学生がやってみる…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP