[スポンサーリンク]

J

ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

アリルアルコールにオルト酢酸エステルを作用させ、アリルビニルエーテルを系内で生成させた後、Claisen転位を行ってエステルに導く反応。

ほとんどneat条件で行え、かつ副産物も揮発性なので、合成初期の大量スケールでよく用いられる。弱酸性・加熱条件が必要。

塩基性条件・低温で行いたい場合にはIreland-Claisen転位、中性条件ではEschenmoser-Claisen転位というふうに、相補的に用いることができる。

 

基本文献

 

反応機構

ビニルエーテル形成後はClaisen転位と同じ、シグマトロピー機構。Claisen転位のバリエーションはいす型6員環遷移状態を経るため、一般に高い立体特異性が発現する。
johnson_claisen_2.gif

反応例

Merrilactone Aの合成[1] johnson_claisen_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Birman, V. B.; Danishefsky, S. J. J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 2080. DOI: 10.1021/ja012495d

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synt…
  2. クライゼン転位 Claisen Rearrangement
  3. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  4. ジオトロピー転位 dyotropic rearrangement…
  5. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupl…
  6. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Azir…
  7. ポヴァロフ反応 Povarov Reaction
  8. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack R…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost/Woodward Dihydroxylation
  2. クリストフ・レーダー Christoph Rader
  3. 機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム
  4. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授
  5. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果
  6. 製薬各社 2010年度決算
  7. SDFって何?~化合物の表記法~
  8. HTTPS化とサーバー移転
  9. グリーンケミストリー Green Chemistry
  10. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP