[スポンサーリンク]


2014年 9月 28日

  1. 安達 千波矢 Chihaya Adachi

    安達 千波矢 (あだち ちはや、1963年10月26日-)は日本の有機化学者、材料化学者である。九州大学教授。経歴1991 九州大学大学院総合理工学研究科 博士課程修了1991 リコー化成品技術研究所 研究員1996 信州大…

  2. ジョージ・クラフォード M. George Craford

    M・ジョージ・クラフォード (M. George Craford、19xx年xx月x…

  3. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky

    ガレン・D・スタッキー (Galen D. Stucky、1954年5月9日-)は、…

  4. 劉 龍 Ryong Ryoo

    劉龍(ユ・リョン/Ryong Ryoo、1957年x月x日-)は、韓国の無機化学者である。韓国科学技…

  5. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge

    チャールズ・T・クリスギ (Charles T. Kresge、1954年5月9日-)は、米国の無機…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction
  2. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay
  3. 中分子創薬に挑む中外製薬
  4. 色の変わる分子〜クロミック分子〜
  5. ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?
  6. 沼田 圭司 Keiji Numata
  7. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授

注目情報

最新記事

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

PAGE TOP