[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

劉 龍 Ryong Ryoo

劉龍(ユ・リョン/Ryong Ryoo、1957年x月x日-)は、韓国の無機化学者である。韓国科学技術院(KAIST) 教授(写真:Ryong Group)。

 

経歴

1975 ソウル国立大学 卒業
1977 韓国科学技術院 修士号取得
1979-1982 韓国原子エネルギー研究所 勤務
1985 スタンフォード大学 博士号取得(Michel Boudart教授)
1986 カリフォルニア大学バークリー校 博士研究員(Alex Pines教授)
1986-1990 韓国科学技術院 助教授
1990-1996 韓国科学技術院 准教授
1996-2008 韓国科学技術院 教授
2008-現在 韓国科学技術院 Distinguished Professor
2012-現在 韓国科学技術院 機能性ナノ材料センター Director

 

受賞歴

2000 Best paper award (Korean Chemical Society)
2001 Best paper award (Korean Federation of Science and Technology Societies)
2001 Research of Future Award (ACS Synmposium)
2001 Best paper award (Japan Society of Electron Microscopy)
2001 Scientist of the month (MInistry of Science and Technology, Korea)
2001 Professor of the year (KAIST)
2002 Academic Award (Korean Chemical Society)
2002 Grand Academic Award (KAIST)
2005 Top Scientist Award (Korean goverment)
2006 Model Scientist for Young People (Korea Scienc e Foundation)
2007 Leading Scientist in a Research Front (Thomson Scientific & KOSEF)
2007 National Honor Scientist (Ministry of education, Korea)
2009 Creative Knowledge Award (MOEST)
2010 Ho-Am Prize in Science (Ho-Am foudation)
2010 Breck Award (International Zeolite Association)
2011 Top 100 Chemists of the 2000-2010 decade (UNESCO & IUPAC)
2011 Science 10 Braekthoroughs of year
20xx Leading Scientist Fellowship Award of teh Year (S-OIL Sicnece Prodigy and Culture Foundation)
2014 トムソン・ロイター引用栄誉賞

 

研究業績

機能性多孔性材料の創製

Ryoo_Ryong_2.jpg(画像:Ryong Group)

1999年にメソポーラスシリカを鋳型として多孔質炭素材料を合成した[1]。 彼の開発した合成法は多孔性炭素だけでなく様々なナノポーラス材料の合成法として活用されている。

 

名言集

 

コメント&その他

  1. 240以上の論文を執筆。h-indexは68(2014年3月)
  2. 韓国人としては初のトムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞し、ノーベル賞候補として世界的に認知された。

 

関連動画

 

関連文献

[1] (a) Ryoo, R.; Joo, S. H.; Jun, S. J. Phys. Chem. B 1999, 103, 7743. DOI: 10.1021/jp991673a (b) Sakamoto, Y.; Kaneda, M. Terasaki, O.; Zhao, D. Y.; Kim, J. M. Stucky, G. Shin, H. J. Ryoo R. Nature 2000, 408, 449. DOI: 10.1038/35044040

 

関連書籍

 

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz
  2. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  3. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh
  4. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  5. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  6. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet
  7. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler
  8. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. メタンハイドレートの化学
  2. SciFinder Future Leaders 2017: プログラム参加のススメ
  3. アルカロイド alkaloid
  4. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  5. (+)-ミンフィエンシンの短工程不斉全合成
  6. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II
  7. ビタミンB12 /vitamin B12
  8. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization
  9. OMCOS19に参加しよう!
  10. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP