[スポンサーリンク]


2014年 12月 25日

  1. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑨:トラックボールの巻

    さてさてずいぶんほったらかしておりました文具紹介コーナー、久々に復活です。読者の皆さんもカンペキに忘れてしまってることでしょう(笑)。「化学者でもデスクワークはそれなりにあるので、文具に凝るのも悪くないですよ」というコンセプトで細々…

  2. 目指せ化学者墓マイラー

    今年もいよいよ残すところあとわずかになりました。年末は色々と忙しいものですが、今年一年を振り返ったり…

  3. Stadtfriedhof (ゲッチンゲン市立墓地)

    概説Stadtfriedhof はドイツのゲッチンゲンにある、多数の化学者を含む数々の著名人が眠…

  4. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦

     日本は世界に類をみない長寿企業大国と言われているが、その大きな区切りとなるのが創立100年。戦争や…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. コランニュレン corannulene
  2. Horner-Emmons 試薬
  3. ワイリーからキャンペーンのご案内 – 化学会・薬学会年会参加予定だったケムステ読者の皆様へ
  4. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”触媒の開発動向
  5. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-
  6. 2010年ノーベル化学賞予想ーケムステ版
  7. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP