[スポンサーリンク]

ケムステニュース

のむ発毛薬の輸入承認 国内初、年内にも発売へ

プロペシア?厚生労働省は11日、米国で開発された世界初の”のむ発毛薬”プロペシア錠(一般名フィナステリド)の輸入を承認した。
 承認申請した万有製薬によると、プロペシア錠は既に世界60カ国以上で承認されている。国内で経口タイプの発毛薬が承認されるのは初めて。年内にも発売を始める予定。
 購入には医師の診断、処方が必要で、保険の対象外。成人男性が対象で、1日1回0・2ミリグラムをのむ。増量による効果の増強は確かめられておらず、上限は1日1ミリグラム。海外での試験で有効性が認められなかったため、女性は適応外だ。(引用:河北新報)

ついに経口タイプの発毛薬が発売されました。これで、悩みも解消か!?このプロペシアもはじめは今回の発毛効果でなく違った薬理活性で開発されていた化合物です。

関連サイト

何はともあれ育毛剤

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2011年10大化学ニュース【後編】
  2. ヤンセン 新たな抗HIV薬の製造販売承認を取得
  3. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  4. 化学企業のグローバル・トップ50が発表
  5. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  6. 日本化学会第86春季年会(2006)
  7. ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用
  8. シロアリの女王フェロモンの特定に成功

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 森謙治 Kenji Mori
  2. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  3. カガクをつなげるインターネット:サイエンスアゴラ2017
  4. リンと窒素だけから成る芳香環
  5. FT-IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2015
  6. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー性能向上・量産化編
  7. 粉いらずの指紋検出技術、米研究所が開発
  8. JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 – バイオ燃料応用に期待
  9. ポリ乳酸 Polylactic Acid
  10. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP