[スポンサーリンク]

ケムステしごと

長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦

 日本は世界に類をみない長寿企業大国と言われているが、その大きな区切りとなるのが創立100年。戦争や天災、経済情勢の変動など幾多の困難に遭いながらも1世紀の歴史を歩んできたのは、たゆまぬ努力と数々の挑戦を重ねてきた結果である。ファインケミカル分野でも創立100周年を迎える企業が相次いでいる。経済環境がますます厳しくなるなか、長寿企業の経営手法から学ぶべきことは数多くあるはずだ。
本州化学工業は今年、創立100周年を迎えた。第1次世界大戦勃発で、染料輸入が途絶えた繊維産業の苦境打開のため、1914年に和歌山市で日本で初めてベンゼン精留装置を建設、染料用アニリンの工業化に成功。以来、合成フェノールやビスフェノールA、ビタミンEの原料であるトリメチルフェノール製造を相次ぎ開始した。
88年に、ビスフェノールA事業を三井石油化学工業(現三井化学)に譲渡、これを機に業態が転換する。90年にはフォトレジスト材料の製造を開始して電子材料分野に進出し、91年には液晶ポリマーの原料となるビフェノールの製造を開始するなど、事業領域を広げていく。
2004年には、特殊ビスフェノールを手掛ける独ハイビス社が営業を開始した。ハイビス社では自動車部品に用いられる特殊ポリカーボネート樹脂の原料となる特殊ビスフェノールを製造している。ハイビス社も今年で創業10年を迎えたが、既存プラントと同規模の新規プラントを増設した。創業以来、確実に実績を拡大、グループの業績に大きく貢献している(引用:化学工業日報 2014年12月22日 画像出典:本州化学工業)。

 

化学工業の歴史は他と比較して比較的新しいため、数百年!という歴史をもつ化学会社は少ないように思えますが、100周年となるとかなりの数がみられます。そういう企業の歴史を学びながら、化学を学んでいくのも面白いですね。昨年100周年を迎えた化学企業は住友化学。製薬関係でいえば持田製薬です。最古の化学企業というと正確かどうかわからないですが、荒川化学工業(1876年創業)が挙げられます。アメリカですとユニオンカーバイド(1898年創業)。医薬品製造分野をいれると数百年前のものがあります。

日本は長寿企業が最も多い国であり、2014年現在で100周年以上の企業はなんと2万7335社(帝国データバンクより)。古い体質や一族経営で長けりゃいいってもんじゃないという話はありますが、長く続けていないとできないことや、続けるためにチャレンジしていることも多くありますので、参考にしたいところです。

 

長寿ウェブサイトへの道

ところで話はかわりますが、インターネットの世界はどうでしょう。日本でも利用が始まって30年ほど、商用化されてからまだ20数年なので、既存の感覚で言う100年=長寿というわけにはいきませんので10年ほど続けていれば「長寿ウェブサイト」になるのでしょうか。日本の化学の分野においては、例えば、ケムステは15年弱、有機化学美術館は16年、生物化学環境の部屋は18年と長寿ウェブサイトとして活躍しています。

それに対して、以前人気を誇っていたTotallySynthetic.com の中断が先日発表されました。2006年から続いていた有機化学とくに天然物の全合成に関するブログです。すでに2年ほど更新が殆どなかっただけにしかたがないかもしれませんが、これを楽しみにしていた化学者も多いのではないかと思います。もっと短いもので言えば、実際に実験をして報告された反応を検証する「Blog syn」というウェブサイト(関連記事:実験化学のピアレビューブログ: Blog Syn)も10個ほどの記事を残してほぼ停止状態。こういうウェブサイトをいままで何度となくみてきました。

なぜ続けることができないのか。様々な理由があると思います。ただ、継続している立場でいえることは、続けることでみえる「世界」は素晴らしいものです。最近はじめた秀逸な科学ブログやウェブサイトもそれを信じて続けていってほしいものと思います。まずは「長寿ウェブサイト」を目指してください。

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機ELディスプレイ材料市場について調査結果を発表
  2. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏…
  3. 化学五輪、日本代表4人の高校生が「銅」獲得
  4. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  5. 特許の関係を「地図」に ベンチャー企業が作成
  6. ポリエチレンなど合成樹脂、値上げ浸透
  7. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!
  8. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学系学生のための企業合同説明会
  2. 即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit
  3. ノッド因子 (Nod factor)
  4. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応
  5. 2005年7月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  6. 酵素合成と人工合成の両輪で実現するサフラマイシン類の効率的全合成
  7. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-
  8. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  9. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  10. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

PAGE TOP