[スポンサーリンク]

K

クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synthesis

 

概要

アニリン類とβ-ケトエステルから得られるβ-ケト酸アニリドを、H2SO4またはポリリン酸(PPA)と加熱すると、キノリノンが得られる。縮合も一段階で同時に行う手法はConrad-Limpach法と呼ばれ、別種の異性体が得られる。

 

基本文献

 

反応機構

knorr_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ゴールドバーグ アミノ化反応 Goldberg Aminatio…
  2. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidat…
  3. 脱酸素的フッ素化 Deoxofluorination
  4. トリメチレンメタン付加環化 Trimethylenemethan…
  5. ヒドロメタル化 Hydrometalation
  6. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ket…
  7. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent
  8. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-B…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis
  2. π拡張ジベンゾ[a,f]ペンタレン類の合成と物性
  3. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点から
  4. 天野 浩 Hiroshi Amano
  5. アセタール系保護基 Acetal Protective Group
  6. MAC試薬 MAC Reagent
  7. 和光純薬を富士フイルムが買収へ
  8. 夢・化学-21 化学への招待
  9. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  10. 第32回生体分子科学討論会 

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP