[スポンサーリンク]

K

クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synthesis

 

概要

アニリン類とβ-ケトエステルから得られるβ-ケト酸アニリドを、H2SO4またはポリリン酸(PPA)と加熱すると、キノリノンが得られる。縮合も一段階で同時に行う手法はConrad-Limpach法と呼ばれ、別種の異性体が得られる。

 

基本文献

 

反応機構

knorr_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hil…
  2. ジアゾカップリング diazocoupling
  3. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  4. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangemen…
  5. ウォルフ転位 Wolff Rearrangement
  6. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent
  7. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Rea…
  8. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methy…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 信じられない!驚愕の天然物たち
  2. マイケル・レヴィット Michael Levitt
  3. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製
  4. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine
  5. 研究助成金を獲得する秘訣
  6. 中国へ講演旅行へいってきました②
  7. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  8. ロンドン・サイエンスミュージアム
  9. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Pyrrole Synthesis
  10. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP