[スポンサーリンク]

K

クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

アニリン類とβ-ケトエステルから得られるβ-ケト酸アニリドを、H2SO4またはポリリン酸(PPA)と加熱すると、キノリノンが得られる。縮合も一段階で同時に行う手法はConrad-Limpach法と呼ばれ、別種の異性体が得られる。

 

基本文献

 

反応機構

knorr_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation…
  2. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargyl…
  3. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduc…
  4. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  5. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synt…
  6. N-オキシドの合成 Synthesis of N-oxide
  7. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  8. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Gr…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アロイ・フュルストナー Alois Furstner
  2. NPG asia materialsが10周年:ハイライト研究収録のコレクションを公開
  3. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?
  4. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒
  5. スワーン酸化 Swern Oxidation
  6. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama reagent)
  7. 超一流誌による論文選定は恣意的なのか?
  8. アジズ・サンジャル Aziz Sancar
  9. Corey系譜β版
  10. 元素川柳コンテスト募集中!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP