[スポンサーリンク]

K

クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

アニリン類とβ-ケトエステルから得られるβ-ケト酸アニリドを、H2SO4またはポリリン酸(PPA)と加熱すると、キノリノンが得られる。縮合も一段階で同時に行う手法はConrad-Limpach法と呼ばれ、別種の異性体が得られる。

 

基本文献

 

反応機構

knorr_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. MT-スルホン MT-Sulfone
  2. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost…
  3. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synt…
  4. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen R…
  5. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  6. マーデルング インドール合成 Madelung Indole S…
  7. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  8. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cyc…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ストーク エナミン Stork Enamine
  2. 飽和C–H結合を直接脱離基に変える方法
  3. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  4. ゴジラ級のエルニーニョに…出会った!
  5. 水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red-Al
  6. 抗がん剤などの原料の新製造法
  7. 国際化学オリンピックで今年も好成績!
  8. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  9. Retraction watch リトラクション・ウオッチ
  10. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP