[スポンサーリンク]

K

クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synthesis

 

概要

アニリン類とβ-ケトエステルから得られるβ-ケト酸アニリドを、H2SO4またはポリリン酸(PPA)と加熱すると、キノリノンが得られる。縮合も一段階で同時に行う手法はConrad-Limpach法と呼ばれ、別種の異性体が得られる。

 

基本文献

 

反応機構

knorr_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Gr…
  2. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie …
  3. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupli…
  4. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclizatio…
  5. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost…
  6. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  7. 北エステル化反応 Kita Esterification
  8. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synt…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アゾ化合物シストランス光異性化
  2. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III
  3. 論説フォーラム「グローバル社会をリードする化学者になろう!!」
  4. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-1
  5. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて①~
  6. フラーレン:発見から30年
  7. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diiodo-5,5-dimethylhydantoin
  8. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!
  9. 夢の筒状分子 カーボンナノチューブ
  10. n型半導体特性を示すペリレン誘導体

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP