[スポンサーリンク]

K

クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synthesis

 

概要

アニリン類とβ-ケトエステルから得られるβ-ケト酸アニリドを、H2SO4またはポリリン酸(PPA)と加熱すると、キノリノンが得られる。縮合も一段階で同時に行う手法はConrad-Limpach法と呼ばれ、別種の異性体が得られる。

 

基本文献

 

反応機構

knorr_quinoline_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehy…
  2. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Sy…
  3. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction
  4. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol React…
  5. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elim…
  6. ラロック インドール合成 Larock Indole Synth…
  7. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimrot…
  8. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reactio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「化学の匠たち〜情熱と挑戦〜」(日本化学会春季年会市民公開講座)
  2. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する
  3. ケミカルメーカーのライフサエンス事業戦略について調査結果を発表
  4. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  5. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  6. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  7. 求核剤担持型脱離基 Nucleophile-Assisting Leaving Groups (NALGs)
  8. 天然物化学
  9. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  10. 近況報告Part III

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP