[スポンサーリンク]


2015年 6月 22日

  1. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

    ディーン・タンティロ (Dean J. Tantillo  1973年xx月xx日-)はアメリカの計算化学者である。カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授。(写真 http://blueline.ucdavis.edu)…

  2. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌

    内容米国大学システムと米国アカデミア全体を、著者が内側から見た経験を基に…

  3. フラクタルな物質、見つかる

    同じ分子でも、分子の並び方が変わると全く異なる性質を示すことがあります。最近…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  2. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene
  3. 円偏光スピンLEDの創製
  4. 学部生にオススメ:「CSJ カレントレビュー」で最新研究をチェック!
  5. 「抗炎症」と「抗酸化」組み合わせ脱毛抑制効果を増強
  6. 健康食品 高まる開発熱 新素材も続々
  7. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)

注目情報

最新記事

期待度⭘!サンドイッチ化合物の新顔「シクロセン」

π共役系配位子と金属が交互に配位しながら環を形成したサンドイッチ化合物の合成が達成された。嵩高い置換…

塩基が肝!シクロヘキセンのcis-1,3-カルボホウ素化反応

ニッケル触媒を用いたシクロヘキセンの位置および立体選択的なカルボホウ素化反応が開発された。用いる塩基…

中国へ行ってきました 西安・上海・北京編①

2015年(もう8年前ですね)、中国に講演旅行に行った際に記事を書きました(実は途中で断念し最後まで…

アゾ重合開始剤の特徴と選び方

ラジカル重合はビニルモノマーなどの重合に用いられる方法で、開始反応、成長反応、停止反応を素反応とする…

先端事例から深掘りする、マテリアルズ・インフォマティクスと計算科学の融合

開催日:2023/12/20 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP