[スポンサーリンク]

archives

ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド : Bis(tricyclohexylphosphine)nickel(II) Dichloride

[スポンサーリンク]

B3534.gif

ニッケル触媒を用いたアリールトリメチルアンモニウムヨージドと有機亜鉛試薬のクロスカップリング反応

XieとWangは,ニッケル触媒を用いたアリールトリメチルアンモニウムヨージドと有機亜鉛試薬のクロスカップリング反応を報告しています。本研究によれば,THFと1-メチル-2-ピロリドン (NMP) の1:1混合溶媒中,ニッケル触媒としてNi(PCy3)2Cl2を使用時に最も良い結果が得られています。さらに本法を幅広い基質のヨージドと亜鉛試薬のカップリング反応に応用し,良い結果が得られています。

L.-G. Xie, Z.-X. Wang, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 4901.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 創薬・医療分野セミナー受講者募集(Blockbuster TOK…
  2. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・…
  3. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercap…
  4. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  5. メルドラム酸:Meldrum’s Acid
  6. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…
  7. ニュースタッフ参加
  8. HTTPS化とサーバー移転

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. IR情報から読み解く大手化学メーカーの比較
  2. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  3. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ
  4. オキソニウムイオンからの最長の炭素酸素間結合
  5. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現
  6. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/FDA適応拡大申請
  7. ReadCubeを使い倒す(1)~論文閲覧プロセスを全て完結させる~
  8. 旭化成 繊維事業がようやく底入れ
  9. 岸義人先生来学
  10. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP