[スポンサーリンク]

archives

ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド : Bis(tricyclohexylphosphine)nickel(II) Dichloride

B3534.gif

ニッケル触媒を用いたアリールトリメチルアンモニウムヨージドと有機亜鉛試薬のクロスカップリング反応

XieとWangは,ニッケル触媒を用いたアリールトリメチルアンモニウムヨージドと有機亜鉛試薬のクロスカップリング反応を報告しています。本研究によれば,THFと1-メチル-2-ピロリドン (NMP) の1:1混合溶媒中,ニッケル触媒としてNi(PCy3)2Cl2を使用時に最も良い結果が得られています。さらに本法を幅広い基質のヨージドと亜鉛試薬のカップリング反応に応用し,良い結果が得られています。

L.-G. Xie, Z.-X. Wang, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 4901.

関連記事

  1. ペンタフルオロスルファニル化合物
  2. C60MC12
  3. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  4. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl …
  5. シランカップリング剤入門【終了】
  6. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  7. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  8. ODOOSをリニューアル!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 生涯最高の失敗
  2. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement
  3. 超若手科学者の発表会、サイエンス・インカレの優秀者インタビュー
  4. 大学入試のあれこれ ①
  5. 糖鎖合成化学は芸術か?
  6. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  7. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④
  9. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  10. 4つの性がある小鳥と超遺伝子

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP