[スポンサーリンク]

archives

ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド : Bis(tricyclohexylphosphine)nickel(II) Dichloride

[スポンサーリンク]

B3534.gif

ニッケル触媒を用いたアリールトリメチルアンモニウムヨージドと有機亜鉛試薬のクロスカップリング反応

XieとWangは,ニッケル触媒を用いたアリールトリメチルアンモニウムヨージドと有機亜鉛試薬のクロスカップリング反応を報告しています。本研究によれば,THFと1-メチル-2-ピロリドン (NMP) の1:1混合溶媒中,ニッケル触媒としてNi(PCy3)2Cl2を使用時に最も良い結果が得られています。さらに本法を幅広い基質のヨージドと亜鉛試薬のカップリング反応に応用し,良い結果が得られています。

L.-G. Xie, Z.-X. Wang, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 4901.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tet…
  2. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium D…
  3. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  4. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  5. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化…
  6. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  7. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  8. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より
  2. グラーメ・モード Graeme Moad
  3. とある水銀化合物のはなし チメロサールとは
  4. どっちをつかう?:adequateとappropriate
  5. 米デュポン株、来年急上昇する可能性
  6. E. J. Corey からの手紙
  7. ReadCubeを使い倒す!(2)~新着論文チェックにもReadCubeをフル活用!~
  8. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide
  9. 速報! ノーベル物理学賞2014日本人トリプル受賞!!
  10. 豊丘出身、元島さんCMC開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

[書評]分子の薄膜化技術

概要スマートフォンや大型ディスプレイに搭載されている有機ELは、1980年代から世界中で熾烈…

【ジーシー】新卒採用情報(2022卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に99年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

ものづくりのコツ|第10回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP