[スポンサーリンク]

ケムステニュース

呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材

呉羽化学工業は2004年11月19日、可視光線透過率を維持したまま太陽光の熱線を効果的に遮断する新しい樹脂素材を開発したと発表した。ビルの窓ガラスや自動車のフロントガラスなどで、明るさと涼しさの両立を可能にする。2006年の製品化を目指している。
新素材は、同社の光学フィルター「ルミクルUCF」の基本技術であるルミクルテクノロジーを窓に応用したもの。同技術は、シリコンフォトダイオードやCCDなどの視感度補正フィルターとして使用されているもので、可視域光(波長380~780nm)をそのまま透過させて明るさを保ちながら、熱のもとになる近赤外線(同780~1500nm)吸収・遮断することができる。(引用:nikkeibp

 

夏場の自動車って乗るのがいやになるぐらい暑くなります。これが防げるようなものであったらいいですね。

 

外部リンク

  • ルミクルUCFとは?:効果的に紫外線及び近赤外線をカットし、可視光透過率が高く、従来の色ガラスフィルターの特性を上回る性能を世界で初めて実現した本格的プラスチックフィルターです。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  2. 国際化学オリンピックで今年も好成績!
  3. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  4. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  5. サイアメントの作ったドラマ「彼岸島」オープニングがすごい!
  6. レッドブルから微量のコカインが検出される
  7. 「日本化学連合」が発足、化学系学協会18団体加盟
  8. Nature Chemistryデビュー間近!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー
  2. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis
  3. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementowski Quinoline/Quinazoline Synthesis
  4. メソリティック開裂を経由するカルボカチオンの触媒的生成法
  5. オゾンと光だけでアジピン酸をつくる
  6. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  7. 最長のヘリセンをつくった
  8. 研究室での英語【Part1】
  9. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  10. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP