[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌

 

内容

米国大学システムと米国アカデミア全体を、著者が内側から見た経験を基に解説しました。また米国の大学システムがいかに科学研究費の申請・審査のシステムと絡み合うことで機能し、また、科学研究費のピアーレビューの批評と結果が米国の研究者の切磋琢磨する土壌を作り上げているかを紹介しました。科学者として生き残るには何が必要か? 真の競争的資金とは何か? 本書はこれらを解き明かし、また理解・議論するための材料を詳細にわたって提供したものです。

対象

日本国から科研費を受給している、もしくは受給予定のあるプロ研究者
日米の科研費制度の違い、制度設計について興味のある方

解説

アメリカの研究費システムを微に入り細にわたって伝えることが目的では無く、その制度設計を支える思想基盤と運営方針を日本と対比する形で伝えようとしていることが本書の特徴。2004年刊行と少し前の本ではあるが、思想にフォーカスする内容ゆえに古びた印象は全く受けず、現在でも一考に値する記述が満載である。

NIHの評価システムは、研究者同士が真剣に行う公正なピアレビューを基礎としている。米国は若手研究者の独立が早いため優秀な人材揃いである印象を一見して受けるが、実際にはラボ立ち上げ当初は経験に乏しくグラント申請技能に欠けるため、最初から安定的なグラント確保は難しいという現実がある。しかし審査過程におけるフィードバックが大変充実しているために、駆け出しの若手であってもそれをもとに改善を進めることができ、何度も申請書を書いてピアレビューを受けるうちに、自然とトレーニングされていくような審査制度が上手く出来ている。

一方で日本の科研費審査制度は、「なぜ通ってなぜ落ちたか」のフィードバックがほとんど受けられない。結果としてグラント取得プロセスに改善を施すことが自助努力では甚だ難しい状況下にある。

これを本来補うのが、講座制という仕組みなのだろう。研究室を主催する教授が若手助教のグラント申請をメンターすることで、駆け出しでもグラント取得技能を身につけていける制度だといえる。これが上手く機能している限りは問題ない。しかし多忙な現代の教授が若手の申請書まで丁寧に面倒見ているのだろうかと考えてみると、その機能にはやや疑問符が付くかもしれない。

加えて全国的に若手科者の早期独立を促す傾向が進みつつあるが、グラント申請プロセスのフィードバックがほとんどない状況下で、独立だけを促すのはいかがなものか。この制度下で、研究者として独り立ちするための技術を自力で向上させられるのか、頭打ちにならず成長を続けて世界と戦える人材は排出されていくのだろうか・・・といろいろ考えざるを得ない。

さらに本書では、科研費審査員の数が少なすぎて一つの申請書に割ける批評時間が少ないこと、申請書の誌面が少ないために提案の合理性をアピールする精緻な論述が出来ず、採択結果がビューティーコンテストになりがちなことも、日本の審査制度の問題として指摘されている。確かに審査員一人で100近くの申請書を評価することもあると聞けば、質の高いフィードバックを提供するやり方とはかけ離れていることも容易に理解できるだろう。

これらの例に限らず、『半端に米国を真似た制度を取り入れるのではなく、思想レベルから深く理解したうえで、日本の土壌に合うよう改善していくべき』とするのが本書の重要なメッセージと読めた。

日本の研究制度を考えるうえで非常に参考になるばかりか、留学希望者、外国でのポスト取得を狙う野心家、研究費を継続取得する必要があるプロ研究者にとっても広く読破価値のある良書と言えるだろう。

著者の菅裕明教授は米国PI職を長年勤めた上で東大に移籍したユニークなキャリアを持つ方だが、その経験を還元している点でも意義深い書籍だと思える。

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方
  2. Medical Gases: Production, Appli…
  3. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  4. The Sol-Gel Handbook: Synthesis,…
  5. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきた…
  6. 創薬化学
  7. 入門 レアアースの化学 
  8. English for Presentations at Int…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!
  2. アンソニー・スペック Anthony L. Spek
  3. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!
  4. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”触媒の開発動向
  5. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  6. 触媒的syn-ジクロロ化反応への挑戦
  7. 触媒量の金属錯体でリビング開環メタセシス重合を操る
  8. あなたの体の中の”毒ガス”
  9. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxyethyl)-N-(4-nitrophenyl)-10,9-(epoxyimino)anthracene-12-carboxamide
  10. ジョン・ハートウィグ John F. Hartwig

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP